故ホイットニー・ヒューストンエステート(遺産管理団体)認の伝記ドキュメンタリー映画、『Whitney』(原題)のリリース日が決定した。2012年48歳という若さで死去した彼女人生とキャリアを掘り下げる内容のこの作品は、米国、U.K.、そしてアイルランド2018年7月6日開される。

 映画では過去ライブパフォーマンスや未発表音、そしてホームビデオ映像から彼女人生振り返り、最大のヒット曲のスタジオレコーディングも数多く取り上げている。

 監督ケヴィンマクドナルドエステートの了承を得てこれらの重な資料にアクセスした。彼は、「はホイットニー人生ミステリーストーリーのようにアプローチした。何故あれ程の素晴らしいと美貌の持ちがあのように然と痛々しく自滅してしまったのか?は幸運にもパット・ヒューストンホイットニー・ヒューストンエステートの協を得て追求することができた。彼女たちは“貯蔵所への鍵”を預けてくれた上に、物語が何処へ向かおうともそれを追う自由を全面的にに与えてくれた。(映画)“Whitney”は、本質的には私的な家族物語であり、最も熱心なファンでさえ知らなかったような彼女の新たな一面を明らかにしている」とコメントしている。

 昨年放送され話題になったShowtime製作ドキュメンタリー、『ホイットニー:本当の自分でいさせて』は、エステートによりに非難されている。

故ホイットニー・ヒューストン、遺産管理団体公認の伝記ドキュメンタリーが公開へ