冠婚葬祭互助会の(株)くらしの友〔本社:東京都大田区西蒲田8-3-1、社長:伴 良二〕は、東京都内14カ所(直営斎場としては30カ所)となる「くらしの友 アダージョ世田谷代田」を4月1日(日)に開業します。当斎場は、小田急線世田谷代田駅」徒歩約4分に位置し、これまでの斎場とは一線を画する外観と内装になり、今後、くらしの友がす葬儀の有り方を示す一つのモデル施設となります。

1.斎場コンセプト

 斎場名となっている「Adagio/アダージョ」は 音楽イタリア語)で「ゆったり」を意味します。    この名称には、“悲しみの深淵にいるご家族やご親族が、に気遣うことなく故人をび、それぞれが心に持っている故人との思い出を分かち合う、静かな時間を過ごしていただきたい”との想いが込められています。
 アダージョ世田谷代田が創造する価値として、「悲しみを和らげるホスピタリティ」を掲げ、ゆったりと寛げる上質な間とサービス提供いたします。

2.施設の特長
 高齢化や生活スタイルの変化により、ご家族やご親族などの少人数で行うご葬儀への要望はますます増加傾向にあります。当斎場は、そういった親しい人のみで行う家族葬のための施設となっております。
 1喪による2日間の貸し切り利用や、ご遺族の身の回りのことや葬儀進行などをサポートする専属スタッフの配備など、ゆったりと過ごしていただくためのサービスをご用意いたしました。また、開業記念として、通式での生演奏による音楽葬や、遺族控室でのソフトリンクワイン無料提供など、追加料なしでご利用いただけるサービスもご用意し、悲しみをひと時でも癒す、自由スタイルのご葬儀を実現いたします。

3.立地特性
 世田谷区は、東京23区内で最も人口が多いエリア(※)であり、65歳以上の割合は2割以上を占めています。
 世田谷区における当社の直営斎場は、2005年4月開業の新町式場のみでしたが、今回、新たなコンセプトの斎場を開業し、新規顧客の開拓をします。 ※「世田谷区 平成28年2016年)の統計書 人口編」参照

 なお、開業に先立ち3月24日(土)・25日(日)、27日(火)~31日(土)10時~14時(※最終日のみ10時12時)に「オープニング内覧会」を開催します。こだわりの施設品質を体感できる館内見学のほか、葬儀に関する疑問や質問にお答えする相談会など、さまざまな催しを予定しております。

■「くらしの友 アダージョ世田谷代田」概要
所 在 地:東京都世田谷区代田5-10-8
    (小田急線世田谷代田駅」徒歩約4分/京王井の頭線「新代田」徒歩約7分)
電  話:03-5779-3950(※3月23日より開通予定)
敷地面積299.77m2建築面積252.82m2
施  設:・地下1階 ・・・ 面会ルーム(安置室)2部屋、湯
     ・1階 ・・・ エントランス、多トイレ事務所
     ・2階 ・・・ 式場(約30席)、お清め室
     ・3階 ・・・ 親族控室、宗教者控室

※「くらしの友 アダージョ世田谷代田」イメージパース
≪外観≫
≪1Fホール≫
≪2F式場≫
≪2Fお清め室≫
≪3F控室(リビング)≫
≪3F控室(寝室)≫

配信元企業株式会社くらしの友

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ