綿貫敬介が「東北『夢』応援プログラム」で1年間取り組んだ新しい導のカタチ

 益財団法人東日本大震災支援財団は、東北の子供たちを対に、アスリートやプロ導者が1年間導する機会を提供する「東北『夢』応援プログラム」を立ち上げ、未来東北を担う子供たちへの支援を続けている。東日本大震災から7年――。2018年3月11日福島いわき市テニスコート「ア・パース」には、小中学生29人に熱血導するプロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)の姿があった。

「1年間、動画での遠隔導を通じて、みんなの技術がしっかりと向上してきたことを感じました。今日はその成果を見せてください」

「夢応援マイスター」として「東北『夢』応援プログラム」に賛同した綿貫。こうをかけ、成果発表を含めたクリニックが始まった。昨年4月から1年間、「スマートコーチ」という遠隔ツール活用し、技術導をしてきた。綿貫導を通じ、実を上げた教え子の中には、東北大会、全大会に出場するまでを伸ばした選手もいた。

「基本的なストロークでのボールとの距離の取り方を細かく導しました」

 生徒一人一人とラリーを行いながら、課題を摘し、するために熱く導した綿貫。そして、午後2時46分。大震災の起きた時刻には練習を中断し、全員で黙祷をげた。

ナショナルトレーニングセンターで震災を経験「あの恐怖は忘れません」

 7年前の震災当日、都内のナショナルトレーニングセンターにいた。ナショナルチームの一員だった綿貫は手首を痛め、MRI検を受ける直前だった。

「数人と一緒にの前のサッカー場に避難しましたが、建物も照明も大きく揺れていました。あの恐怖は忘れません」

 交通機関麻痺し、綿貫トレーニングセンター会議室で一夜を過ごした。宮城出身のチームメートの実家津波で流されるというテレビ映像も隣で撃した。17歳だった綿貫の心にも傷を残した。この経験が家族とともに埼玉県内で東日本大震災チャリティイベントを開催し、100万円とテニスラケットなどを被災地に寄付する原動となったという。

大人になってもテニスと関わる仕事がしたいと話している生徒もいました。被災地の子供たちの夢を応援したい。もその一心です」

 1年間の成果発表イベントを見守った綿貫は、生徒たちから写真入りの寄せ書きを手渡しされた。「こんなにしてもらえるなんて……涙が出そうです」。被災地と離れていても、つながっていられる。遠隔導を通じて、生まれた。子供達からの感謝メッセージ綿貫は、く染めていた。(THE ANSWER編集部)

綿貫敬介がいわき市のテニスコートで小中学生29人に熱血指導【写真:村上正広】