唐々煙原作による実写映画曇天に笑う」の大ヒット祈願イベントが、本日3月12日東京・おしなり公園船着場にて行われた。

【大きな画像をもっと見る】

イベントには曇天火役の福士蒼汰、曇丸役の中山金城白子役の桐山漣永山役の小関裕太武田役の市川飼善蔵役の加治将、曇宙太郎役の若山耀人が登壇。大勢のファンが集う中、船着場のの上から登場した7人は「曇天に笑う」の横断幕や旗などで装飾された“曇天丸”と称した船に乗り込んでいく。そして福士が「皆さんのお陰で今日は『快晴に笑う』です!これからこの船は『曇天に笑う』の大ヒットに向けて出発したいと思います」と観客にをかけ、テープカットを行った。

その後、東京スカイツリーイベントスペースへと場所を移し、7人のトークイベントを実施。劇中で福士中山若山の3人が扮する曇に「秘密を持たない」という掟があることにちなみ、登壇者は「撮影中に秘密にしていたこと」をお題にトークを繰り広げることに。「秘密はない」と断言した福士は、「ただ撮影当時、モンスターを捕まえるスマホゲームにドハマリしていて。撮影の合間に時間があれば、すぐ出かけてモンスターを探していました(笑)」と当時を振り返る。

中山は「秘密というほどではないですが……」と、前置きし「異常に嫌いなんですよね。最初は隠すんですけど、撮影中は長い期間共演者の方と一緒にいるのでバレちゃいました」と告白会者が「を見つけるとどういうリアクションを取るんですか」と質問を投げかけると、中山は苦笑いしながら「ギョギョ!」っとリアクション。この発言に対し周囲からは「さかなクンなの?」とツッコミを受けた。

白髪衣装白色という白子を演じた山は、「全体的にキャラクターなので、肌もくないといけないと思って。全なるUV対策をしていたことは、秘密にしていましたね。肌に塗る用、飲む用、ガラスに塗る用といろいろな日焼け止めを買い込みました」と明かす。「ホテルが硬いのが気になった」という市川は、「地方のロケだったんですが、が硬いので東京の自宅に自分のを取りに帰ったらそのままで寝てしまって(笑)。次の日始発でロケ地に戻りました」と発言し、周囲を驚かせた。

また男性ばかりの現場であった本作について、会者が「ヒロイン不在の作品となっていますが、その中でもヒロイン的な立ち位置の方はどなたでしたか?」と登壇者に質問を投げかける。これに対し福士は「劇中では優ヒロインでしたね。捕らわれちゃったり。(ネタバレになるから)あんまり言わないほうがいいか(笑)」とコメント福士は劇中のお気に入りのセリフにも、捕らわれてしまったのもとに駆けつけた際の「を返してもらおうか」を挙げた。映画曇天に笑う」は3月21日より全ロードショー

映画「曇天に笑う」

2018年3月21日・祝)全

スタッフ

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広
脚本:高橋悠也

キャスト

曇天火:福士蒼汰
丸:中山
曇宙太郎若山耀
安倍世:古川
金城白子桐山漣
一郎:大東駿
永山小関裕太
武田市川
飼善蔵:加治将
影:池田純矢
生:若葉
牙:奥野瑛太
岩倉具視東山紀之

(c)2018映画曇天に笑う製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

イベントの様子。左から市川知宏、桐山漣、若山耀人、福士蒼汰、中山優馬、小関裕太、加治将樹。