“オエド”を舞台に繰り広げる、見せ場たっぷりのチャンバラ活劇

愛知県長久手市市民劇団として「長久手市文化の」を拠点に活動を続ける座NAGAKUTE。劇作家・演出の佃典(劇団B級遊撃隊宰)が17年に渡って講師を務め、年々めざましい成長を遂げている彼らの演『~BURAIKAN~』が今年も、3月17日(土)・18日(日)に同劇場「ホール」にて上演される。

長久手市劇団 座☆NAGAKUTE『無頼漢〜BURAIKAN〜』チラシ表

長久手市劇団 座NAGAKUTE『〜BURAIKAN〜』チラシ表

募により集まった10代~60代の幅広い年代がう座員は現在20名で、ここ数年は毎年先に年1回の演を行っている。作品は毎回、彼ら自身が既存の戯曲の中から上演したいものを選ぶスタイルをとっているが、今回は第30回という節にあたるため、講師である佃典の作品を上演することに。そこで佃が提示したのは、歌舞伎の演を題材にした2本の作品だという。

いずれもかつて流山事務所のために書き下ろした作品で、1本は鶴屋南北作「東文章」をベースにした『表裏大奇譚』(2005年上演)、そしてもう1本が、河弥作「衣紛上野(くもにまごううえののはつはな)」をベースにした『~BURAIKAN~』(2006年上演)である。

稽古風景より

稽古風景より

座員たちが選んだ今作『~BURAIKAN~』は、寺山修が「衣紛上野」を原作としてシナリオを書き、篠田正浩が監督した1970年開の映画』をもとに、佃が舞台を架都市“オエド”に置き換えて現代に翻案したもの。物語はこうだ。

老中水野忠邦は、オエドの民衆から楽しみを奪う革を推し進めていた。その名も「全一斉二宮金次郎化政策」。それに反発した民衆は、「お祭り」を起こすが鎮圧されてしまう。一を率いていた河内山宗俊も、水野隊により命を落としてしまった。イメージアップのため美しく整形した水野は、さらに民衆を苦しめる政策を進めていく。暗闇のは再び一を計画するが…人々はの「オエド」を取り戻すことができるのか?

稽古風景より

稽古風景より

前述の『表裏大奇譚』に続き、現代不条理劇を得意とする佃と歌舞伎、という一見意外な組み合わせを結びつけた流山児祥は当時、「衣…」の歌舞伎台本と映画シナリオDVDを佃のもとに送り、台本を依頼したのだとか。さらに、「ちょうどその頃、「御園座」で「衣…」を上演していたからそれも観て。片岡仁左衛門が河内山宗俊を演じていたんだけど、河内山は前にもテレビか何かで観た覚えがあって、やっぱりすごくカッコ良かった。だからこの台本もすごく楽しんで書いた覚えがある」と、佃。

流山事務所演では流山児祥が演出したため、佃は今回初めてこの自作を演出することになるが、それについては、「国家に対して民衆が怒りをもって立ち向かう、という話なんだけど、今の共謀罪じゃないけど国家の締め付けによって今オエドがこんな世界になってしまっている、というところが、読み返してみるとセリフではそんなようなことを言ってるんだけど、台本上であまり描かれていなくて。その辺は意識して現場で直したり、新たにシーンを付け加えたりしました」と。

国家VS民衆の対立構造を、共謀罪しかり、執筆から12年経った2018年現在世情も踏まえた上で見つめ直し、より浮き彫りにさせたというから、その辺りにも注して観たい。

稽古風景より

稽古風景より

また、座NAGAKUTEでは3作時代劇となる今回の演出ポイントを尋ねると、「今までは時代劇といっても、妖怪がいっぱいウジウジャ出るみたいなことだったけど、今回はチャンバラシーンが多いから、アクションクラブ杉本明朗さん(殺導と出演もする)におんぶにだっこな感じで。本格的な殺はみんなも初めてだし、女の人も多いのでアクションクラブみたいなチャンバラにはならないんだけれども、なんとか形にできれば。でも当初にべたら、随分上手くなったと思う。演出でも、こういう時どうしよう? とか、所作やの扱いとか置き場所とか、も勉強になりました」と。

ビジュアル面や音楽についても、「出雲守の上屋敷とか、三尺高くらいのに高台があって、階段がずーっとある上下二段舞台になっています。その周りにの大きいのがあって、影絵を使おうかと。これだけ出演者が出ていても、民衆がワーッと暴動だー! ってなったりするところなんかは人数が少ないから影絵を使いたいなと。音楽は、和風ギターが入っているような曲を流したり、途中で歌謡曲を歌ったりもします。松田聖子の歌とか、「かもめが飛んだ」とか「メモリー」とか。皆さんおなじみの曲が三味線とか尺八とか和太鼓を使った楽曲で出てくる。全部違うシーンなんだけど、締め付けによって地下に潜ったアングラオカマバーみたいなシーンがあって、そこで『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のヘドウィグみたいな人が歌ったりね(笑)」と、大掛かりな仕掛けや手な演出も多く、とにかく見どころが多そうな本作。

稽古風景より

稽古風景より

「ちょっと大変だけど、見どころ満載なんです。中でもこの芝居の一番の見せ場は、老中の水野様が顔面革で整形をしてイイ男になり、最後はまた元の醜い姿に戻るんだけど、その辺は面いところですよ。物語の中でそれが大きなウエイトを占めてる。初演の時は流山児祥が演じてて、整形後は伊藤子になる(笑)。当時はそれが評判になったね、かなり(笑)

今回も絶妙の配役で、稽古中も笑いながら演出をつけていた佃。このシーンの仕上がりはもちろん、同じホンでも流山児版とは全く趣の異なる、どこかほのぼのとして賑やかな座NAGAKUTEらしい『~BURAIKAN~』をご堪あれ!

取材・文=望月勝美

前列左から・山田めぐみ、あぼともこ、吉本陽子、佃典彦、村口雪乃、下島ユリ、増田ゆか