告白するより告白されたい。女性はそう願います。

実際に、男性のほうから告白すると男性責任を取ろうとしますので、付き合えた女性を大切にします。これが「男から告白させるといい」という理由なのです。

そこで、彼から告白させる方法はあるのでしょうか。今回は、告白を引き出す心理的な方法をご紹介します。

あせらせるとグッド!

人はタイムリミットを切られると、あせってしまいに落ちやすくなります。“逃げられると思わず追いかけてしまう”心理ですね。

変化が起きようとすると、今までの状態を維持しようとします。今までが順満帆だったらなおさら維持をしようとする。

なぜか、人はって去っていくものに価値があると思っています。失ったものは大きい。失う予定のものも大きい。そう考えます。

失ってしまうと心が痛いので、痛みを避けるために追いかけて取り戻そうとする。

ですから「この人がいなくなる」と思わせましょう。「いなくなってしまう……。この虚はかも」そう思うはず。そこで、自的にタイムリミットを設けてみます。

具体的タイムリミットの方法は?

たとえば、先に出会った人とは較的カンタンにに落ちてしまいますよね。

これは“”という非日常的な状況と、先というドラマの登場人物になった気がすることと、別れの日がすぐやってくることが大きな理由。 これと同じ状況だとに落ちやすいでしょう。

卒業などもドラマチック非日常、最後の日というタイムリミットがあります。

派遣の人の最後の日や退職の日も同じ。でもなかなかそんな状況にはならないので、作る必要があります。

彼を“あせらせる”セリフ3つ

そこで「転職するか迷っている」と言ってみるのです。社内の男性にはこれが有効でしょう。

本当にしなくてもいいのです、「迷っている」のですから。そこで彼に相談を持ち掛けて接近するのも手。そして「転職はしないでおくことにした」と結論を出せばいいと思います。

SNS削除しようかと思っている」……これはSNS上で友だちだったりフォロワーだったりすると、こんなことを言われたら途端に寂しく、置いていかれた気になります。

実際は連絡先などは聞けばわかるのですが「もう削除されたらつながりもない、もう動向もわからない」と、そんな妄想をしてしまうのです。

サークルを辞めようかと思う」……転職と同じです。でも、趣味のつながりというのは思ったよりも深いものです。

ほかのサークルに行くのもショックですし、趣味を辞めるなんて、何があったのか気になります。「いろいろお世話になった」という雰囲気を出せば引き留めるはず。

注意点は?

焦らせるということは相手にとって居心地の悪いことですし、心がざわつくことでもあります。何度も何度もこの手は使えません。一回のみ。

転職しようかな」といつも言っていては「またか」と思うだけですし「口だけのかまってちゃん」「すぐ辞めるだのなんだの言い出すめんどくさい女」と判定されるので、ここぞというときだけにしておきましょう。

そして、告白された場合もされなかった場合も、実際に退職したり辞めたりすることはありません。少し空白期間をおいて「よく考えて、復活することにした」と言えばオーケーです。

そうしたら、そこからまた関係性が変わってくるかもしれませんね。(たえなかすずライター

カツ編集部)

iStock-623204220 (1)