タレントの壇蜜(37歳)が、3月12日放送のラジオ番組「壇蜜の耳蜜」(文化放送)に出演。仮想通貨のことを“火葬”通貨と勘違いして、六文銭のことだと思っていたと語った。

番組ではこの日、中国の無人コンビニや顔認証システムで決済ができるスーパー仮想通貨の話題となり、「すごいスマホも持たなくていいんだ」と驚く壇蜜だったが、「でもね、私、仮想通貨ってついこの間まで六文銭のことだと思っていて」と告白した。

壇蜜によると、仮想を“火葬”と勘違いしており、三途の川の渡し賃である六文銭のことを火葬通貨と呼ぶのだと思っていたという。現在は壇蜜もその意味を理解しており「馬鹿だねぇ」と自嘲していた。

壇蜜は芸能界入りする前、葬儀関連の専門学校を経て、葬儀屋に勤務していたことを明かしている。