日本の小学校では給食があることが一般的だが、中国の小学校は給食制度がない場合が多く、子どもたちは昼食を取るために一度帰宅したり、近所のお店で軽食を買ったりすることが多い。

 そのため、日本の小学生たちが給食の時間に当番制のもとで配膳を行ったり、後片付けを行ったりする様子は中国人から見ると大きな驚きであると同時に、子どもであるにもかかわらず、ルールや決まりに基づいてテキパキと役割をこなす様は「中国の子どもはスタートラインの時点で負けている」と感じてしまうらしい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の子どもたちが交流目的で日本の小学校を訪れ、給食をともにしたことを写真とともに紹介する記事を掲載し、日本の小学生の給食時間を見ると「中国の子どもたちが負けている点、劣っている点が見えてくる」と伝える記事を掲載した。

 記事は、給食の味については「特別に美味しいわけではない」と指摘する一方、材料にはこだわっていて、新鮮かつ自然由来の食べ物ばかりと紹介。また、給食当番の子どもたちが配膳を行いつつも、ほかの子どもたちは配膳が終わるのをじっと待っていて、勝手に給食を食べ始める子はいないと伝え、すべての子どもが席に着いてから皆で食事を始めるのだと紹介した。

 さらに供される牛乳はビンに入ったものだったというが、日本の子どもたちは飲み終えたら蓋、ビニール、そして、ビンをしっかりと分別して捨てていたと紹介したほか、ビンは倒した形で回収していたと紹介。また、供された食事はほとんどの子どもたちが残さずに食べきっていたとしたほか、食べ終えた子どもたちは、誰か指示を受けずとも自発的に机のうえを掃除したり、後片付けをし始めたと驚きを示し、「この光景は一生忘れることはないだろう」、「日本の子どもたちが生き生きと作業している姿は、中国の保護者にとっては深く感じ入ることがあるはずだ」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本の給食を見ると「中国の子はスタートラインの時点で負け」と感じざるを得ない=中国メディア