アメリカカナダなどに51店舗を展開(2018年2月上旬時点)している“カリフォルニアン・メキシカン料理”の人気チェーン店『CHRONIC TACOS(クロニックタコス)』が、3月8日に日本1号店を銀座にオープン。なぜ今、このお店が注目を集めているのか、実際に行って確かめてきました!

ヤミツキになるおいしさ!?『CHRONIC TACOS』とは?

アメリカの店舗展開を推進している米国法人のCEOのマイケル・モハメッド氏(左)と創業者のランディー・ワイナー氏(右)
アメリカの店舗展開を推進している米国法人のCEOのマイケル・モハメッド氏(左)と創業者のランディー・ワイナー氏(右)

『CHRONIC TACOS』は、カリフォルニア州で生まれ育ったランディー・ワイナー氏が2002年に創業。それまでスナックとして親しまれていたメキシコ料理を、本格的で新鮮なカリフォルニアン・メキシカンとして楽しんでほしいと考え、「Made to Order(注文を受けてから調理)」するサービスを思いつき、カリフォルニア州オレンジカウンティの海沿いの高級住宅街ニューポートビーチに1号店をオープンさせました。

「CHRONIC=病みつき」という名の通り、味と品質にうるさいカリフォルニア市民を虜にしており、その人気は地元のメジャーリーグ「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」から直々に出店を依頼されるほど。料理へのこだわりだけでなく、斬新な店舗デザインも人気を呼び、現在アメリカ9州とカナダに50店舗以上を展開するまでに拡大しています。

『CHRONIC TACOS』の魅力とは?

「Made to Order」&フルカスタマイズ・スタイルだから旨い!

オーダーを受けてから手作りするタコス
オーダーを受けてから手作りするタコス

 クロニックタコスは、注文を受けてから料理を作ってくれます。料理はフルカスタマイズ・スタイルで、豊富なトッピングの中から好みの素材を選び、自分だけのカスタマイズ・メニューを作ることができます。

タコスは豊富な食材からフルカスタマイズ可能
タコスは豊富な食材からフルカスタマイズ可能

 タコスの生地はフラワー(小麦)・コーンとうもろこし)・クリスピータコスコーントルティーヤを揚げたもの)の3種を用意。生地に加え、メインも牛・豚・鶏・魚介など豊富に揃い、ライスビーンズチーズサルサソースもそれぞれ自分好みのものをチョイスして、オリジナルタコスを作ることができます。
 タコス以外にもブリトーやボウルブリトー、ケサディヤやナチョスなどもカスタム可能で、その組み合わせはなんと10,000通りにもなるそう。

オーダーしてから目の前で調理してくれる
オーダーしてから目の前で調理してくれる
シャンパンやカクテルなどアルコールも充実
シャンパンカクテルなどアルコールも充実
サイドメニューもカスタム可能というこだわりぶり
サイドメニューもカスタム可能というこだわりぶり

 サラダやフライなどのおつまみや、デザートなどサイドメニューも豊富に揃っているので、軽食使いはもちろん、ゆったりとした食事や、バーとしても使えるのも魅力。幅広いシーンで楽しめるようになっています。

日本限定!「黒毛和牛すき焼きタコス(Wagyu Sukiyaki Taco)」が絶品

日本限定メニューの「黒毛和牛すき焼きタコス」(840円)
日本限定メニューの「黒毛和牛すき焼きタコス」(840円)

 先述したように、こちらのタコスは豊富な食材からカスタマイズできますが、今回、日本限定メニュー(ディナー限定)として「黒毛和牛すき焼きタコス(Wagyu Sukiyaki Taco)」が登場。すき焼き風に味付けされた国産黒毛和牛の肩ロースメイン食材に、ゴボウやエノキ、そして濃厚な温泉卵が絡む和風な味わいの一品。意外にもトマトサルサソースが合う、食べ応え抜群のメニューです。

 手軽にレストランクオリティサービスが楽しめるクロニックタコスなら、ランチやディナー、飲み会後の二軒目など、様々なシーンで活用できそうですね!

(取材・文◎中森りほ)

SHOP INFO

CHRONIC TACOS 銀座店 外観

店名:CHRONIC TACOS 銀座店

住:東京都中央区銀座6丁目2番3号 Daiwa銀座アネックスビル1F
TEL:03-6263-9639
営:11:00~23:00(L.Oフード22:00、ドリンク22:30)
休:なし
http://chronictacos.jp/syuuseisumi

食楽web