挽いた豆にお湯を注ぎ、時間が来たらレバーを押し下げる。そんな簡単ステップで珈琲豆の味わいが堪能できるコーヒープレス。家事の合間に、仕事の休憩に。初心者からプロまで使えるうえに、手間いらずで実用的。なのになぜか、知名度は今ひとつ。使えばきっと好きになる、愛すべきコーヒープレスの魅力をご紹介します。

 抽出道具だけでなく、豆を挽くミルもコーヒーの味わいに影響を及ぼす、と前回触れた。挽き立てをいかに淹れるか、というのがコーヒーの楽しみであることは間違いないが、根本のところ「まずい豆」をいくらこねくり回してもおいしいコーヒーは入らない。

 識者のなかには「生豆の段階で、コーヒーの味は7割決まる」という人もいるほど、おいしい豆を見つけることがおいしいコーヒーの土台となるのだ。

 しかし、プロではない私たちにとって豆選びは本当に難しい。最初からすべてを覚えることは難しくても、おいしいコーヒーに出会ったら以下の条件についてチェックしてみると、選びの基準が見えてくる。

豆の品種

 大きく分けると「アラビカ種」と「ロブスタ種」に分けられ、私たちが飲んでいる多くが「アラビカ種」。「ロブスタ種」は缶コーヒーなどによく使われている。「アラビカ種」は、さらに「ティピカ種」「ブルボン種」「スマトラ種」などに細かく分かれ、それぞれ味の特徴も違うので、飲んだ後に調べておくと好みの種が分かりやすくなる。

生育環境/収穫された農園

 一般的にコーヒーは、標高の高い地域での栽培が向いており、昼夜の寒暖差によって味わいが引き締まると言われている。以前はそれが「エチオピア」「ブラジル」など、ざっくりとした国単位で分類されていたが、スペシャルティコーヒーの普及により、農園単位で豆が購入できるようになった。農園がどういうロケーションにあり、どのような生育方針で豆を育てているか情報をチェックすると、好みの味と生育環境との因果関係が見えてくる。

精製方法

 コーヒーの実は、熟するとさくらんぼのように赤く変化し「コーヒーチェリー」と呼ばれる。このチェリーの果肉を除去して豆の状態にすることを精製と呼ぶが、この方法も「ナチュラル」と呼ばれる天日干しから、水槽で除去して乾燥させる「ウォッシュド」まで様々ある。一般にはウォッシュドのほうがクリーンな味わいになると言われるため、好みの豆がどう精製されたか調べてみたい。

・・・・・・・

 すべての知識を頭に入れてから豆を買おうと考えると、難しくてどれを選べば良いかちゅうちょしてしまいがち。豆にこだわる多くのお店が、上記のような情報をオープンにしているので、まずはそういうお店でさまざまな品種・生育環境・精製方法の豆を飲んでみて、好みの味わいを探り当てていくのも、自分らしいコーヒースタイルを確立する方法のひとつではないだろうか。

●著者プロフィール

文/木内アキ

北海道出身、東京在住。“オンナが楽しく暮らすこと”をテーマに、雑紙や書籍、ウェブなどで人・旅・暮らしにフォーカスした文章を執筆。料理はヘタクソだが食べるのは大好き。目標は「きちんとした自由人」。執筆活動の傍ら、夫と共に少数民族の手仕事雑貨を扱うアトリエショップ『ノマディックラフト』を運営中。
HPhttp://take-root.jp/

食楽web