企業のSNSマーケティング支援をする株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、株式会社Market Drive(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:伊藤 太、以下 Market Drive)と提携し、企業のYouTubeチャンネル立ち上げ・運用サービスを提供し、YouTubeを軸としたSNSマーケティング支援を開始します。
Youtubeを活用したマーケティングの盛り上がり
現在動画広告市場は伸びており、その中でもYouTubeを中心とするインストリーム広告(※動画コンテンツ内に挿入される広告)が市場において大きな割合を占めています。

参照:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=20966

また最近はYouTuber(ユーチューバー)と企業のタイアップ広告も増加してきており企業におけるYouTube活用ニーズは高まっています。

●企業のYouTube活用が進んでいない背景
これまで企業のYouTube活用は、広告かYouTuber(ユーチューバー)とのタイアップメインであり、YouTubeチャンネルをマーケティングにおいてうまく活用している企業は多くありませんでした。その背景としては以下の3点が挙げられます。

1.アップ動画をYouTube最適化できない
現在の企業チャンネルアップされている動画は、テレビCMWebプロモーション用動画がメインであり、YouTubeで見られるような動画に最適化されていません。

2.YouTube上での集客手段がない
YouTubeは主に、YouTube検索・関連動画・ブラウジング機能(トップページホーム画面等からの流入)から視聴されます。そのため、YouTubeにおけるSEOノウハウがないと、アップした動画が視聴されません。

3.YouTube上で流行るコンテンツがわからない
YouTube上で流行るコンテンツは他のプラットフォームとは異なり、YouTuber(ユーチューバー)がその流行を作り出す傾向にあるため、YouTubeを日々チェックしている運営者でなければ、視聴されるコンテンツ企画・表現での制作が難しいです。

YouTubeチャンネルを軸としたSNSマーケティングをトータル支援

このような課題を解決するために、Market Driveと提携してYouTubeチャンネル運用を軸としたSNSのマーケティング支援サービスを開始いたします。
従来のYouTube広告・YouTuber(ユーチューバー)とのタイアップ施策は資産として蓄積されませんが、自社チャンネルを運用することでコンテンツがストックされ、資産として残る施策を展開することが可能です。また、YouTube用に制作した動画コンテンツを各SNSFacebookTwitterInstagram)に最適化して発信することで、ソーシャルメディア上でのユーザーとのタッチポイントを最大化します。※動画を書き起こしてのWebコンテンツも制作可能ですので、Webのオウンドメディアを運用する企業においては検索エンジンからの流入獲得も可能です。
2018年ガイアックスはYouTubeにおける企業チャンネルTOP30すべての支援を目標にしています。今まで広告とYouTuber(ユーチューバー)タイアップが中心の市場でしたが、質の高い動画コンテンツの配信により、企業チャンネル中心の市場に変えていきます。

YouTube動画イメージ
YouTubeで人気のインタビュー・検証系の動画コンテンツの制作や、YouTuber(ユーチューバー)とタイアップの動画企画・作成も可能です。

参照:https://youtu.be/zKLG-KihpP0?t=16s


YouTubeマーケティングに強みを持ったMarket Drive

配信元企業:株式会社ガイアックス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ