JR西日本サンリオが、「ハローキティ新幹線」を運行します。500系新幹線を使用。車内では西日本の地域の魅力を発信します。

500系新幹線がかわいく変身

JR西日本サンリオ2018年3月14日(水)、「ハローキティ新幹線」を今夏から運行すると発表しました。

西日本の地域活性化を目指す取り組みとして、500系新幹線と、サンリオキャラクターハローキティ」がコラボ。案内人のハローキティが、西日本の地域を取り上げ、その魅力を発信します。

新幹線の外観デザインは、地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったリボンモチーフに。1号車では、西日本の地域紹介が期間限定で行われます。最初は観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催される鳥取県島根県です。

2号車は「ハローキティ」の世界観で、「みんなが楽しめるよう、おしゃれにかわいく」装飾するとのこと。ほかにも、さまざまな企画を予定しているそうです。

JR西日本サンリオは「『ハローキティ新幹線』で、新しい出会い、新しい旅の体験を。ハローキティといっしょに旅しよう」としています。

ちなみにJR西日本では、アニメ新世紀エヴァンゲリオン』とコラボした500系新幹線500 TYPE EVA」を2015年11月から運行中。外観はもちろん、車内も、エヴァの実物大コックピットなどが設置された1号車の「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」や、2号車の「特別内装車」などにより、新幹線に乗りながら『エヴァ』の世界観を楽しめます。運行は2018年5月13日(日)までの予定です。

500系新幹線を使用した「ハローキティ新幹線」のイメージ(画像:JR西日本)。