進学塾の「臨海セミナー」が受験生に配布している「合格祈願鉛筆」が、話題を呼んでいる。

ある受験生が鉛筆を削ってみたところ、スゴいものが出てきたのだ。

16万件を超える「いいね」の大反響

高校受験を終えたばかりのスズヒカさん(@hikarucinnamon)は、2018年2月に臨海セミナーから配布された「合格祈願鉛筆」を削ってみたところ、鳥山明氏の大ヒット漫画「ドラゴンボール」の絵柄が出てきたという。削った部分のイラストは、同作品に登場する戦闘能力の高い民族「サイヤ人」がさらにパワーアップした、「超(スーパーサイヤ人」のようだ。

スズヒカさんは3月11日、この削った鉛筆の写真をツイッターに投稿。16万件以上の「いいね」が押される大反響を呼んだ(3月14日時点)。ツイッター上には驚きの声が多く上がっている。

「臨海の鉛筆にそんなネタがっっ」
「よく気づいたね!スゴい!」
「クソ笑った」
「勉強だけじゃなくてエコもしような!と言ってるのか...?w」

この投稿を見て、同様に試してみるユーザーが続出。同じく「ドラゴンボール」の絵柄が出てきたという人や、花柄が出てきたという人、何の絵柄も出てこなかった人など、さまざまなパターンが報告されている。

担当者「驚いております」

J-CASTトレンドは3月13日、臨海セミナーを経営している「臨海」(本社・神奈川県)に今回の合格祈願鉛筆について取材した。同日夕、担当者からは以下のような回答があった。

「今回の件については、弊社としても驚いております。現在発注先の業者に確認しているところです」

どうやら配布した当事者も知らなかった様子。現時点では、謎が謎をよんでいる。<J-CASTトレンド>

反響を呼んだ「合格祈願鉛筆」(画像はスズヒカさん提供)。なお、画像は編集部で一部加工している