14日に行われたJリーグYBCヴァンカップグループステージ第2節で、FC東京のFW久保建英トップチーム初得点を記録。アルビレックス新潟を1-0で破る立役者となった。

 久保はベンチスタートで、スコアレスで迎えた70分にピッチに立った。すると6分後、ペナルティーエリア手前でポストプレーに入ったFWディエゴ・オリヴェイラの落としを受けて前を向き、ドリブルで縦へ。エリア左側に入って左足を振り抜き、グラウンダーのシュートゴール右隅へ決めた。

 久保の得点が決勝ゴールとなり、FC東京が1-0で勝利。明治安田生命J1リーグ開幕3試合、そしてルヴァングループステージ第1節の4試合で1分け3敗と苦しむ中、5試合目にして今季初白星を挙げた。昨季、FC東京U-23で得点を挙げていた久保にとっては、トップチームの公式戦における初ゴール。試合後には「チームの力になれて非常に嬉しいです。自分の得意なコースだったので、思い切り打てて良かったです。今まで監督が期待して使ってくれていたので、応えられてよかったです。初勝利を味スタで挙げられ、これを積み重ねていければと思います」と喜びを語っている。

 なお、久保は16歳9カ月10日で得点を挙げたことで、ルヴァン杯の歴代最年少記録を更新。FW森本貴幸東京ヴェルディ/現・アビスパ福岡)の記録(16歳10カ月12日)を塗り替えた。

決勝ゴールを挙げ、試合後に声援に応える久保建英 [写真]=J.LEAGUE