東京を拠点に活動する3ピースロックバンドPlot Scraps。現代JazzMetalまで様々な音楽から吸収した感覚をポップに昇華させ、既存のフォーマットに囚われない音楽性が特徴の2018年要注目な新世代ギターロックバンド。そんな彼らが6月6日バンド初となる全国流通音源 1st Mini AlbumVital Signs」をリリースすることが明らかになった。

リリースの解禁と合わせて、新しいアーティスト写真も公開となったので是非チェックしよう。今作「Vital Signs」の収録内容は明らかになっていないが、近く続報が発表される予定だ。

尚、今作「Vital Signs」は、No Big Deal Recordsからリリースされることも合わせて発表となった。No Big Deal Recordsは2012年2月29日に立ち上がり、昨年2017年2月に5周年を迎えたマネージメント、兼インディーズレーベル。これまでにリリースした作品は50タイトル以上に及び、所属アーティストには、04 Limited Sazabys、THE PINBALLSGoodbye holiday、Wienners、ビッケブランカ、JYOCHOなど、多数の素晴らしいアーティスト達が在籍している。

先輩アーティスト達に続く勢いで全国的なライブ活動を目指すPlot Scrapsに是非注目してみよう。

【陶山良太コメント】

はじめまして、東京の3ピースバンドPlot Scrapsです。この度、僕達にとって初の流通音源「Vital Signs」をNo Big Deal Recordsよりリリースします。待ち望んでいたリリースを素敵なレーベルから出来る事を大変嬉しく光栄に思います。僕達の楽曲に点在する普遍のテーマでもある“生きていく”というポイントを纏め上げるタイトルにしたくて「Vital Signs」という言葉をデビュー盤のタイトルに選びました。全て生命の反応が聴こえるような、意思を持った曲達に仕上がっています。これまでは東京中心のライブ活動をしていましたが、今年からは全国の方へ僕達の音楽を届けに行きたいと思っています。初めて知る方が殆どだと思うので、これからPlot Scrapsを、よろしくお願い致します! 陶山良太(Vocal/Guitar

Plot Scraps、バンド初となる全国流通音源がリリース決定