世間には、2種類の人間がいる。オタクか、そうでないかだオタクは、本人たちがいくら「々は高尚」だとか何とか言ったところで、所詮は陰陽で言うところの陰。日陰者の率がかなり多い。これは、オタクが見てきた、オタクとそれ以外とでどちらに日陰者が多いかを判別した結果の知見である。

オタクは1人で漫画アニメ特撮を観て満足し、その様子を見た非オタクの人々はみな、「何か気持ち悪い」と感じる。これはごく自然な現なのだ。オタクがその潮に抗ってもどうにもならない。

オタクを生み出すのは「子供の頃の満たされなかった気持ち」


オタクを生み出すのは子どもの頃の渇望

先日「2ちゃんねる」に「子供をオタクにしない育て方」というスレッドが立った。このスレッドを立てた人物は意外に賢い。オタクか、趣味が一つもない中高年しかいないような匿名掲示板で、あえてオタクにしない方法を聞けば、非オタクの連中がいくら頭を使っても見出せない答えをいくつも発掘できるからだ。

事実、書き込みの中には実に様々な視点でのアドバイス立っている。いくつか引用して紹介したい。

ゲームを一緒にやってあげる」
「抑えつけると反動が大きいから小さい頃に沢山アニメ見せてあげると自然卒業する」
誕生日クリスマスなどのイベントというイベントフィギュアをあげる」

従来よく見られた「アニメを見せない」とか「スポーツをさせる」みたいなもあるにはあるが、それよりもこのような意見の多さがに留まる。

そうなのだ。何故オタクが生まれてしまうのか思索を巡らすと、根底には子供の頃の渇望があるのだ。

はっきり言って、子供の見たいもの、触りたいオモチャに親が制限さえかけなければ、子供は与えられた時点で存分に堪し、満足し、興味は次のフェーズへ移るのである。つまり、子供のうちから多少のも食わせておくことで、結果的に重篤な中毒状態に陥るリスクを減らせるとは考えている。

「子どもの欲しいものを買ってやれる稼ぎ」と「心の余裕」でオタクは回避可能

ところで、は大変な特撮ゲームオタクである。先日も仮面ライダー怪人人形を買って、色を塗り替えて遊んでいた。今に至るまでも、そしてこれからもこのような日々は変わることはないと思うが、そもそもどうしてオタクになったのかを考えると、やはり根底には抑圧があったように感じる。

別に家族に「オタクになるな」とは言われなかったが、貧乏だったので特撮グッズはほとんど買ってもらえなかった。その上ビデオデッキもなかったので、「ウルトラマンが観たい」と思っても怪獣図鑑を眺めて妄想するしかなかったし、ゲーム機も買ってもらえなかった。

に覚えているのが中学に入ったばかりの頃だ。みんながプレイステーションを手にして「FF7いなあ」とか言ってる頃、スーパーファミコンで、とっくに全員レベル99になった「FF4」をひたすら遊ぶ日々だった。

抑圧に次ぐ抑圧。ひたすら「持っている友達」と「持たざる自分」を較し、辛める日々。

事情が事情だけに家族に文句を言うわけにも行かず、常に噛みをする少年時代だった。

「オモチャが欲しい。特撮が観たい。ゲームで存分に遊びたい」という強い欲求が解消されず、興味だけが失せるなんてこと、の場合はありえなかった。初めてのアルバイトで僅かなお金を得て以来、今日この時まで、はひたすらオタクとして生きている。

もし仮に、うちがそれなりに裕福で、子供の頃に「怪獣が欲しい」と言えばすぐに手にすることができていたなら、きっとここまでの熱の篭ったオタクにはなっていないはずだ。自分の子供普通に育って欲しいなら、すべきことはきっと多くない。せいぜい子供に欲しいものを買ってやれる程度の稼ぎと、子供欲求を認めてやるだけの、少しの心の寛容さがあればいい。