平昌オリンピックカーリング女子日本代表LS北見)が使って流行した言葉「そだねー」が、特許庁に商標登録出願されていたことが明らかになった。出願したのは北海道菓子メーカー六花亭製菓で、インターネット上で物議を醸している。

 カーリング日本初の銅メダルを獲得したLS北見。大会中は勝利するたびに注度が増していき、3位決定戦の均視聴率は25.0ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。そして、競技中に選手が話し合う際の「そだねー」という方言も注を浴び、「とても和むやり取り、つい微笑んでしまう」「北海道なまりがほんわかします」「かわいくて軽い感じと五輪の緊感とのギャップがすごい」と話題になった。

そだねー」が日本ではやっていることを知ったLS北見メンバーは、2月の帰報告会などでも「そだねー」を披露。ネット上では、くも「今年の流行語大賞の最有補」という推測も出ている。

 そんななか、銅メダル獲得から5日後の3月1日六花亭が「そだねー」を「菓子及びパン」の商品区分で商標登録出願していたことが明らかになった。六花亭の本社は帯広市LS北見の地元である北見市内には店舗などがないため、同社には「関係ない会社なのにおかしい」といったクレームが届いているという。

 ネット上でも、「企業イメージが悪くなった」「六花亭スイーツは好きでしたが、今回の件で嫌いになりました」「あざといとしか言いようがない」と批判が続出している。しかし、六花亭は何も「商標を独占しよう」という意図で出願したわけではないようだ。

テレ朝news」の23日付記事『「そだねー」を商標登録?北海道六花亭が出願』によると、六花亭佐藤哲也社長は「『六花亭』が中国で使えなくなってしまっていることなどがあり、『そだねー』が使えなくなることを懸念してのことだ」「ほかの人たちが使いたいとなれば、申請してもらえば止めるものではない」と話している。

 これを受けて、ネット上では「中国や悪徳業者に取られるよりはまし」「なんでもかんでも営利的で商標登録する輩が多いので、こういった企業にはがんばってもらいたい」と擁護のが上がっている。しかし、依然として「いちいち六花亭におうかがいを立てなきゃいかんのか」「批判されたから言い逃れ?」など批判もやんでいない。

 そもそも、まだ出願の段階であり、実際に登録されるかどうかは審次第だ。今回の騒動は、それだけ「そだねー」が注されていることを明したといえるのかもしれない。
(文=編集部)

帰国報告会でのカーリング女子日本代表(写真:田村翔/アフロスポーツ)