子育ての現場での講演活動や多数の著書で知られる、児童精神科医・佐々木正美さんが亡くなって、今年の6月で1年になります。

こんなん出ました!!ママたちに聞いた、笑いと涙の「うんち」あるある

1998年に発行された佐々木先生の『子どもへのまなざし』は、累計80万部のロングセラー。全国のどの自治体図書館にも置いてあるといっても過言ではないほど、たくさんのママたちに今も読まれている育児書で、ツイッターにはボットまであります

なにがそこまで普遍的なのでしょうか。

子どもへのまなざし』をあらためてひも解きながら、子育てにおいて大切なことを確かめ、拾っていきたいと思います。

どんな本?

300ページにも渡る分厚い本で、決して読みやすくはありませんし、持ち運びに便利なわけでもありません。

内容の繰り返しも多いのですが、講演をもとにした本なので、佐々木先生が子育て中のママに語りかけているようなやさしいトーンが、全体を貫いています。

挿絵は、児童書のロングセラー『いやいやえん』、『ぐりとぐら』で知られる山脇百合子さんが担当しています。

イメージとしては、いつでも手に取れる場所に置いておいて、子育てや家事の合間にパラパラとめくる感じでしょうか。偶然開いたページに、その時、必要な言葉が飛び込んでくることも、あるかもしれません。

佐々木先生は昭和10年、つまり1935年にお生まれになりました。ご両親は明治生まれだそうです。

今では想像に頼るしかありませんが、当時は多くの国民の生活に余裕はありませんでしたが、子育てに悩む人はいなかったのではないでしょうか。

その時代に育った佐々木先生が、1998年時点から振り返って、いわゆる昔はよかった、というトーンではなく、現代の子育てに足りないことをやさしい言葉で伝えてくれます。

子どもをみる目が変わる珠玉の言葉たち

さて、それではさっそく、『子どもへのまなざし』からの言葉をご紹介していきたいと思います。

ママへの信頼がそのまま自分や世界への信頼につながる

新米ママを悩ませるのは、赤ちゃんの泣き声でしょう。どうしたらいいのかわからずパニックになったり、 自分まで泣きたくなりますよね。

乳児が自分でできる努力というのは、泣くことだけだということがわかります。泣くことで親をはじめ、まわりの人に自分の希望を伝えるわけです。その伝えた希望が望んだとおりにかなえられればかなえられるほど相手を信じるし、その相手をとおして多くの人を信じるし、それよりなにより自分自身を信じるし、自分が住んでいる環境、地球、世界を信じることができるのです。人を信じることと自分と世界を信じることとは、このようにおなじことなのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

深い、深いです。

赤ちゃんのすべての要求を完全にかなえてあげることは、新米のママにはまず無理でしょう。それでも赤ちゃんはあきらめずに泣きます。あれは、赤ちゃんが世界に対峙している姿なのですね。

そう考えると、泣いている赤ちゃんカッコいい・・・と思えてきませんか。

子育てのカギは待つこと

教育とか育てるということは、私は待つことだと思うのです。 「ゆっくり待っていてあげるから、心配しなくていいよ」というメッセージを、相手にどう伝えてあげるかです。子どもにかぎらず人間というのは、かならずよくなる方向に自然に向いているわけです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

この言葉を知ったとき、なんてやさしい言葉だろうと思いました。

大人になると、いくら自分では「よくなる方向」に行こうとしていても、相手を待たせていると感じた瞬間、焦ってうまくいかなくなってしまったり、自分からあきらめてしまったりしますよね。

さな子どもがマイペースと言われるのは、相手を待たせていることに気づかないくらい、「よくなる方向」に集中しているからなのでしょう。

実際に時間に追われているときは仕方がないかもしれませんが、たとえば子どもが自分でなにかをやろうとしているときくらいは、意識して待ってあげられたらいいですね。

そのためには、一日にやることを減らす工夫も必要かもしれません。

子どもに謝る心を教えたいときは?

いたずらが過ぎる子どもを持つママへ

子どもが小さいときは、まだ社会や世間のことがわからないのですから、親は子どもの失敗を受け止めてあげる必要があります。子どものいたらないところとか、子ども不幸なところを背負ってやるから、お母さんお父さんにぶつけておいでという育児がいいわけです。もっといえば、子ども不始末を、親がちゃんとあやまって、始末してあげることがたいせつなのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

時々、小さい子どもごめんなさいを言わせることにやっきになっているママをみかけます。筆者にはまったく他人事には思えないような思い出があります。

息子が2歳くらいの頃、他の子どもをたたいてしまったり、砂場で砂をまき散らしてあたりに誰もいなくなったりすることは日常茶飯事でした。

そのことを、子育て支援センターボランティアの方にこぼしたところ、「親が謝って歩けばいいのよ~。その姿をみて、子どもは学んでいくんだから」とアドバイスをいただき、とても気が楽になったものです。

過保護になっても大丈夫

とはいえ、なんでも子どもの望みをかなえてばかりいたら、すごくわがままな子どもなってしまうのではないかしら・・と心配になるママもいると思います。

幼い子どもが望むことは、なにをどれだけやってあげても大丈夫だということも、よく知っていただきたいと思います。そして、乳児のときに不足があったら、幼児期の前半に、あるいは後半であろうと、それなりのおぎないを早くしてあげれば、児童期、思春期に、不足による問題や障害を、それだけ残さないですむと思います。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

子どもというのは、要求が満たされると、それ以上要求をエスカレートさせてこないのです。ですから、ひざにのってこようとする子どもに、あつくるしいとか、重いとか、そんなことするのは赤ちゃんだからおかしいとかいって拒絶していると、いつまでも要求し続けるのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

過保護よりも過剰干渉(過干渉)の方が問題だと、佐々木先生は書いています。

過剰干渉というのはどういうことかというと、子どもが望んでもいないことを、やらせすぎるということです。これは子どもをだめにすると思います。自立心をなくします、自主性をなくします。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

子どもはまっさらな白紙ではなく、その子にはすでに描きたい絵が見える画用紙なのかもしれません。その絵が見えないのは親だけで。

優しい子どもになってほしかったら

優しい子ども、思いやりのある子どもになってほしい、と願わない親はいませんよね。そんなときは、どんな風に伝えたらいいのでしょうか。

たとえば、親切な子に育ってほしいと思うなら、親切な人をたくさんみながら育たなければならない、そうしなければ子どもの心のなかに親切というものは育たないのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

なぜなら、

子どもは親のいったとおりにはしないで、親のやっているとおりにやるもの。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

だからだそうです。

これには、参りました、と思いました。今後は、なるべく言うこととやることを一致させていこうと思います。

親の幸せと子どもの幸せはリンクする?

親へのケアについても言及していた

佐々木先生のやさしさは、子どもへのみ向けられていたわけではありません。

保育者に向けての章では、かなりのページ数を割いて、親へのケアについて触れています。

親の幸せをないがしろにして子どもの幸せは考えられないのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

子どもの望むことをすべてかなえるために、親が我慢をしすぎては、元も子もない、ということですね。

がんばり過ぎてしまうママほど、自分を責めてしまいがち、という傾向もあります。その結果、誰も助けてくれない、自分さえがんばれば、という悪循環に陥ることも。

佐々木先生はこうも言っています。

働くから育児がうまくいかないのではないのです。 育児はお母さんがすべてやるものだというふうには、私はまったく考えておりません。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店

ここには、3歳までは母親が育てるべき、といった時代錯誤な子育て観はどこにもありません。 現代にも通じる、まっとうなことを言われていますよね。

現代はなぜこんなに子育てに悩む人が多いのか

軽いベビーカーが開発され、種類も豊富なベビーフードが手に入るようになっても、子育てに関する悩みが尽きないのは、不思議といえば不思議です。

佐々木先生は、「子育てが下手な人は人間関係が下手」という指摘をされています。1998年時点のママたちは、近くの友人や夫に子育ての悩みを相談する代わりに、育児書に答えを求めていたというくだりは、今ママたちの、なんでもスマホで検索する傾向にも通じます。

スマホが悪い、というのではなく、より生身の人間との生の人間関係を避けるようになっているからなのでしょう。

その根底には、「人に迷惑をかけてはいけない」という強力な信念が社会全体に浸透しているからかもしれません。少なくとも、「困ったときはお互い様」が主流ではない社会に生きていることは確かです。

多くのママたちは、ベビーカーで電車に乗る時には必要以上に気を使いますし、公共の場所では子どもに大きな声を出さないで、と願います。

ママが子育てに不安を持つとき

佐々木先生は、ママが子育てに不安を持つときの条件は、大きく3つあるといいます。

  1. 子どもの成長具合を他人と比較するとき
  2. 夫との関係がうまくいっていないとき
  3. 日常に大人の話し相手がいないとき

20年も前に書かれたとは思えないくらい、2018年のママたちにも当てはまる事柄ばかりですよね。

逆に言えば、子育てに不安を持たないためには、自分の子どもを他の子どもと比較することをやめ、夫との関係を見直し、近所に心を開いてつきあえる友人を作ればいい、ということになります。

すぐには難しいかもしれませんが、このことを意識するとしないとでは、ずいぶん気持ちの持ち方が違ってくるのでは、と思います。

大切なことはそれほど多くない

子育てという人生のなかで限られた時間のなか、大切なものはそれほど多くはないはず。

手始めに、「自分が幸せであること」から始めてみましょう。もし幸せと感じられないのであれば、どうしたら幸せを感じられるかを考えるきっかけになりますよね。

そしてそれは、そのまま「夫や身近な人との良好な関係」につながります。

子どもにかまけて、夫とのコミュニケーションを放棄していませんか? あとあとほころびが出る前に、一日5分でも10分でも夫婦の会話を持つ工夫はしたいところ。

また、無理して合わないママ友と一緒にいたりしていませんか? なにかしらの価値観を共有できるかどうかで、ママ友との関係はまったく変わっていきます。

その上で「ありのままの子どもの姿をみること」ができれば、ハナマルですよ。

最後に、もうひとつ、日頃忙しくしているとつい忘れそうな、でも覚えておきたい言葉を紹介します。

育児をするうえでもっともたいせつなことは、子どもに生きていくための自信をもたせてあげることです。それには子どもにとって、最大のサポーターであり理解者が親なのだということが、子どもにつうじればそれでいいのです。

出典『子どもへのまなざし』佐々木正美著/福音館書店