長谷部が選手の外部発信に対して持論を展開 「選手個々の裁量はある」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、26日の行ったウクライナ戦の前日会見で選手たちが外部に発信する意見に対して不満を漏らした。キャプテンを務めるMF長谷部誠フランクフルト)は「選手個々の裁量」と冷静沈着だが、「ただ一つ言えるのは……」と選手が外部に発信するコメントについて持論を展開している。

 27日の国際親善試合ウクライナ戦に向けた前日会見の場で、ハリル監督は「何か問題があれば内部で解決するもの。外部に対する発言はあまり良くない」と訴えた。6月のロシアワールドカップ(W杯)で対戦するセネガルを想定した23日のマリ戦(1-1)は不完全燃焼に終わり、試合後には様々な意見を選手たちが発信。ハリル監督はそうした内部意見に思うところがあったようだ。

 指揮官が特定の選手のコメントに対して苦言を呈しているのかは不透明だ。長谷部も「実際、僕も誰の発言かは分からないからクリアじゃない」としながらも、「普通に考えて、チームの中で共有するものと、こういうところで喋るものは選手個々の裁量はある」と捉えているという。

 ベルギー遠征を通して、当然選手間でも話し合いは行っている。攻守両面で課題が浮き彫りとなったマリ戦後も同様だが、長谷部は苦戦した原因の捉え方が「本当、選手それぞれが違う」と明かしている。

コントロールキャプテンがすべきなら…」

「上手くいかない原因について、自分をはじめ個のクオリティーに(意識を)向ける選手もいれば、逆にベクトルを自分じゃなくて外に向ける選手もいる」

 長谷部やMF柴崎岳(ヘタフェ)は「一人ひとりのミス」を根本的な原因に挙げており、戦術などの前提となる個々のプレー精度向上を改善の最優先事項として訴えていた。その一方で個のプレーではなく、それ以外の面に原因を求める選手もいると長谷部は語る。両方の捉え方に対して、正誤を断じているわけではない。「それぞれの選手が自分の考え、やり方を持っている」と理解を示す。

 それでも「一つ言えるのは……」と、内部の意見に対してハリル監督と同調するような考え方を示した。「外(外部)に出すのはそんなに良くないことだと思う。そのコントロールを誰がするのか。それをキャプテンがしないといけないのであれば、自分がしないといけない」と現状を捉えている。状況次第では、自身がまとめ役として統制を図る構えだ。

 もっとも「僕の感覚として、そんなに(外部に意見が)出ている感じは受けない」というのが実情だという。様々な意見が噴出するなか、ハリル監督の舵取りが注目される。(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

日本代表のキャプテンを務めるMF長谷部誠(フランクフルト)【写真:Getty Images】