スタジオジブリ(以下、ジブリ)によるキャラクタートトロ」と酷似した「トロロ」(TORORO)というキャタクターを作り、クレーンゲーム機の景品などに流通してきた韓国のD社が、スタジオジブリに5,000万ウォン(約500万円)の損害賠償を払うよう命じられた。

 韓国メディアnews1」によると、2016年6月に「トロロ」というキャラクター著作権登録をしたD社は、ネット通販で「本物トトロの友だち、トロロ」という売り文句で「トロロ」のぬいぐるみを販売。また、そのぬいぐるみクレーンゲーム機の景品として流通させ、一部の消費者に「トトロ」と混同させていた。

 しかも、特許庁に「トロロ」という商標の特許出願まで出したのだが、特許庁はジブリが登録した商標と比べて文字数の一致、最初と最後の文字の一致などを理由に、ジブリ側からの異議の申し立てを受け入れている。

 ジブリは、人間の思想または感情を表現した、宮崎駿の精神的努力による創作物「トトロ」の複製権などを侵害されたとして、D社を相手に2億円相当の著作権侵害および不正競争行為禁止などの損害賠償を請求。

 ソウル中央地法は3月25日、「『トロロ』と『トトロ』は耳と口など、外見上相違な部分が存在するも、これだけで類似性がないとは判断しにくい。D社の『トロロ』は『トトロ』に基づいて制作・販売されたものと見られ、故意による行為と認められる」として、「D社はスタジオジブリに5,000万ウォンを賠償せよ」との原告一部勝訴判決を出した。

 また、「トトロの標章およびキャラクターを使用した商品を販売、譲渡、展示、輸入してはならない」とD社に命令している。

 これを受け、ネット民からは、「よりによってジブリをパクるとは。ジブリディズニー著作権侵害に対し、徹底的な対応をしていることを知らなかったのか。この2社には触れるんじゃない」「著作権に関する概念もない奴が事業をするな」「中国がやりそうな仕業だな……。国際的な恥だ!」「罰金5,000万ウォンってちょろすぎないか? パクリが蔓延するわけだわ」といった非難のコメントが寄せられた。

 近年、クレーンゲームがはやっている韓国では、人気キャラクターコピー商品が続出している。「東亜日報」の報道によると、「トトロ」だけでなく「ハローキティ」や「ぼのぼの」など、日本発のキャラクターコピー商品も多く、「レゴ」(LEGO)のような有名商品のコピー商品も多く摘発されているという。

 キャラクターコピーに対する規制がゆるいという印象が拭えない韓国。より厳しい規制を導入するのはもちろん、消費者側も正しい認識を持つ必要がありそうだ。
(文=S-KOREA

●参考記事
韓国アニメ業界が直視したがらない“黒歴史”と呼ばれる3つのアニメ作品
http://s-korea.jp/archives/8318?zo=1
ピカチュウに『逃げ恥』まで!? なぜ韓国で日本コンテンツパクリが絶えないのか
http://s-korea.jp/archives/25042?zo=1

問題となった「トロロ」。フリマサイトでは約2,000円で売られていた