世界大学ランキング日本版で、京都大学東京大学に追いつき話題となっている。

大学ランキングで東大、京大が同点1位

イギリスの教育専門誌「Times Higher Educationタイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は28日、「THE世界大学ランキング 日本版2018」を発表した。

総合ランキングで「京都大学」と「東京大学」が同点(総合87.7点)で1位に。京都大学は昨年の3位から2ランクアップし、昨年も1位だった東京大学に追いついた。

3位は東北大学(86.3点)、4位は東京工業大学(85.6点)、5位は九州大学(85点)。私立のトップは10位の慶應義塾大学(77.7点)だった。

Japan University Rankings 2018: results and analysis out now! Your top 5: =1. @UTokyo_news & @KyotoU_News; 3. @Tohoku_Univ; 4. @tokyotech_en; 5. @KyushuUniv_EN. Full details: https://t.co/yC53u01xq2 #JapanRankings

TimesHigherEducation (@timeshighered) March 28, 2018

教育充実度、国際性など13項目

日本版ランキングは日本の教育事情により即した形に対応した大学の「教育力」を測る設計となっており、「教育リソース」と「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野13項目を評価。

入学時の学力を軸に作成されている既存の大学ランキングとは異なり、学生の学びの質や成長性に焦点をあてたランキングとなっている。

京大が東大を「国際性」で上回る

今年度は国際性の充実を図る目的で「国際性」分野に「日本人学生の留学比率」と「外国語で行われている講座の比率」が追加され、ランキングに影響を与えた。

東京大学は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」では京都大学を上回るが、「国際性」は京都大学の方が1.3点高い。

国際性の中身は、「外国人学生比率」が東京大学12.4%、京都大学8% 。「日本人学生の留学比率」東京大学5.5%、京都大学10.3%。「外国語で行われている講座の比率」東京大学10.3%、京都大学7.8%。「海外の大学との大学間交流協定数」東京大学432、京都大学572となっている。

ネット上は「世界を見て」

結果を受けて、ネット上には多くのコメントが寄せられている。「京大が東大に並ぶのか…」「がんばってる」「さらに上位を」など一喜一憂する声がある一方で、「日本の中で競っても仕方がない」「世界ランクが下がっていることを問題にしないとね」といった意見もみられた。

同誌が昨年発表した「世界大学ランキング2018」では、東京大学は過去最低の46位。京都大学は74位だった。

大学ランキングで「京大」が「東大」に追いつき1位に!私立のトップは慶應