Amazonプライム・ビデオで展開中の「仮面ライダーアマゾンズ」。その劇場版として5月19日(土)に開となる「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」の内容が明らかになり、本作が子どもも楽しめる作品へリニューアルされることが分かった。

【写真を見る】対立していた仮面ライダー2人も、花畑で仲良くポーズ

仮面ライダーアマゾンズ」は、人間のタンパク質を好み、食人本を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマテレビ朝日系で放送中の「仮面ライダービルド」(毎週日曜9時)とは異なる、過な描写やハードアクションから「異色の仮面ライダー」としてファンの心をつかんでいる。

劇場版では、これまで対立していた2人の仮面ライダー水澤悠(藤田富)/仮面ライダーアマゾンオメガと、鷹山仁(谷口賢志)/仮面ライダーアマゾンアルファが和解。「よい子のために平和を守る!悪をこらしめ成敗する!」をキャッチコピーに、を合わせて平和のために戦う。

4月1日開されたスペシャルメッセージ動画では、にこやかな藤田谷口子どもたちへ向けてハキハキとあいさつ。音が出るほど勢いよく固い握手を交わした後、「世界平和を守るため共に戦います!」と宣言し、「劇場で待ってるよ!」と子どもたちへ呼び掛けている。

さらに、映像の終盤にはの義理の水澤美月役の武田玲奈が、2人のライダーと腕を組んで軽やかにスキップしている様子も。これまでのしい戦いをに流した2人に対し、満面の笑みを浮かべている。また、公式HP花畑の中にライダー2人が仲良くたたずむ仕様リニューアルされ、楽しげな本作の雰囲気を表現したものとなっている。

4月1日エイプリルフールです。(ザテレビジョン

4月1日、「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」(5月19日[土])公開から藤田富と谷口賢志(写真右から)のスペシャルメッセージ動画が公開