4月7日(土)から、NMB48市川美織が初主演を務める映画「放課後戦記」が公開される。

【写真を見る】自身の等身大パネルと並ぶ市川

2016年2017年に、市川とりりかのダブルキャストで舞台が上演された同作は、女子高校生同士が殺し合いをする世界で、必死に生き残ろうとする女子高校生・瀬名(市川)姿を描く。

今回は、主演の市川にインタビュー。撮影時のエピソードNMB48卒業後の目標などについて話を聞いた。

――初めに、クランクインしたころを振り返ってみていただきたいのですが、どんな気持ちでしたか?

舞台では表現できない細かな部分が、映画では再現できるかなと思って、すごくワクワクしていました。舞台はアクションシーンスピード感を演出するのが難しかったんですけど、映画は何回も撮って、それを編集でつなげて、迫力のある映像になっているなって感じました。あと、格闘シーンが大変でした。ただ大きく演技をすればいいってわけじゃなくて、カメラの中に収まるように演技をしなきゃいけないので、難しいなって思いましたね。

――一番印象に残っているシーンは?

瀬名が屋上で1人になって泣き叫ぶシーンです。そのシーンは、最初は叫ぶ予定はなかったんです。ぼそっとつぶやく演技をしていたんですけど、土田(準平)監督から「思いっ切り叫んでください」って言われて。それまで納得いっていなかった部分もあったんですけど、それでやっと解き放たれて、瀬名の感情を自分の感情として表にどっと出せた瞬間だと思います。

――今作では、キスシーンもあります。

“的”を狙うのに顔がブルブルってぶれちゃって、難しいなって思いました(笑)。ぎこちなくなってないかなって不安でしたけど、そのぎこちなさがリアルでいいのかなって。女の子同士のキスシーンなので、生々しくいい感じになっていると思います(笑)

――ご自身がこの作品を通して成長したと感じるところはありますか?

“感情で演じる”という面ですごく成長できたと思います。最初は「どうやってセリフを覚えたらいいかな?」とか、「主演という大役が自分に務まるかな」という不安ばかりでした。その不安を取り除いてもらうために監督とお話したんですけど、「台本に書いてあることはあらすじであって、自分の思う言葉で、言いやすい言葉にしてもいいから、感情で瀬名になれれば大丈夫だと思います」と言ってくださいました。

その言葉を信じて撮影を進めていったら、瀬名に入り込んでいく様子が自分でも感じられて、セリフを言うというより、自分の感情で動いているんだなって思えるようになりました。だから、台本に書かれている以上に泣いていましたね(笑)。「瀬名はきっとこういう思いなんだろうな」って思ったら、自然に涙が出てきちゃうこともありました。

――NMB48で活動されているとはいえ、同世代の女子ばかりの撮影現場というのは珍しかったと思うんですが、現場の雰囲気などはいかがでしたか?

華養子(かよこ)役の秋月成美ちゃんとは、本当に瀬名と華養子みたいに仲良くなって、今でも連絡を取り合っています。でも、みんな忙しいのでなかなか会えたりはしないですね。「今度ご飯を食べに行こう」って話しているので、それを実現させたいなって思います。

支檻(しお)役の小宮有紗ちゃんは、実は昔、同じ事務所に所属していた時期があって、久しぶりに会いました。共演者として名前を聞いたときに「もしかして、出る?」ってメッセージを送ったら、「そうなんだよねー」って返ってきて。お互いの役柄的に、現場で一緒になるのは1シーンしかなかったので、お喋りする時間はあまりなかったんですけど、懐かしい話ができました。「お互いに活躍する姿を見て、また大きくなって出会えたことがうれしいね」って話していました。

――「放課後戦記」の公開日は4月7日(土)で、3日(火)の大阪・オリックス劇場、16日(月)埼玉・大宮ソニックシティでのご自身の卒業コンサート期間での公開となります。NMB48卒業後にこれをやりたいと具体的に考えていることはありますか?

YouTubeで動画を公開したりもしていて、それは今後もいろいろなことに挑戦する場として続けていきたいなって思います。「今後は女優一本で行くんですか?」とも聞かれるんですけど、こうやって映画に出演させていただいて楽しいなって感じたので、女優業を続けたいという気持ちはあります。

でも、それだけだと私の欲望は収まらなくて(笑)。最近は雑誌のモデルとしても声を掛けていただいているので、自分のファッションにも興味を持っていただけるようになったらいいなって思います。今後、自分がデザインした洋服とかも出せたらいいなという思いもあります。

あと、写真集やフォトブック(※)を出してほしいっていう声も握手会で聞いたりするので、今後、形にできたらいいなって思います。やりたいことがあり過ぎますね(笑)

※この後、5月にフォトブックを出版することが発表に。

――AKB48メンバーとして48グループに加入してから約8年での卒業となります。これからまた8年たったときに、かなえていたい夢や目標はありますか?

末永く芸能界で活躍できたらいいなって思うので、“名脇役”と呼ばれるような存在になりたいなって思います。あと、“30歳になる前にアパレル会社の社長になりたい”って野望もあります(笑)

――同期(AKB48・10期生)の入山杏奈さんは、先日、ドラマの撮影でメキシコに留学すると発表がありましたが、市川さんの海外進出は…?

勉強が苦手なので、その国の言葉を話せるかが不安ですけど、海外にも挑戦できたらいいなって思います。AKB48の10期生はメキシコ、台北(TPE48・阿部マリア)、バンコク(BNK48・伊豆田莉奈)と、3人も海外で活動することになって、こんなワールドワイドな期になるとは思わなかったので、本当にビックリしています!(笑)

――では、最後に「放課後戦記」の公開を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

初めて主演を務めさせていただく映画になります。1人の少女が成長していく姿を、心に残る何かが得られると思うので、ぜひ見てほしいです。私の女優への第一歩でもあるので、多くの方に見ていただけるとうれしいです。(ザテレビジョン

映画「放課後戦記」で初主演を務めるNMB48・市川美織にインタビュー