何処にでも見かけるアヒルおもちゃ。最近は縁日のボールすくいや、ゲームセンターの景品などでも見かけますが、これはお風呂の中に浮かべておくという趣旨の幼児向けの玩具でもあります。ですので、必然的に水に接することが多いわけですが、実はこれ、放置しておくととんでもない状態になるようです。

ーこれはやばすぎるアヒルの玩具

今回、家庭用のアヒルおもちゃの中にはとんでもない数の細菌がいるという衝撃的なニュースが話題となっております。スイス連邦水科学技術研究所、チューリッヒ工科大学、イリノイ大学の研究チームなどの研究で、アヒルおもちゃを分解して研究した結果、1平方センチメートルあたり最大7500万個もの細菌細胞が見つかったということです。


これはかなりの最近の数で人間の便と同じぐらいの量だということです。もちろん大きい方の。そんなものを風呂に浮かせているという事実が発覚したというのは大変ショックかと思いますが、残念ながらどの家庭でもこの玩具は利用されているのも事実です。

そして風呂の水はただの水ではなく、石鹸やシャンプーのほか人間のカスや細菌などが紛れ込んでおり、それが毎日毎日このアヒルにこびり付いていく結果このような状態になるようです。


見た目も確かに綺麗とは言えませんが、結局元々は風呂の水をアヒルが吸っているということなので、そんな風呂に入っている我々としては、何とも言えない気分ですね。


アヒルおもちゃもそうですが、

こちらの風呂場の玩具も予想通りかなりエグい事になっていたと話題

なっておりました。
風呂場にゴム製の玩具を入れるのは控えるようにしたほうが良いのかもしれませんね。

掲載元
https://www.nytimes.com/2018/03/28/world/europe/rubber-duck-bacteria.html
http://www.dailymail.co.uk/video/news/video-1658052/Video-Scientists-mould-lurking-inside-rubber-duck-bath-toy.html
https://www.nature.com/articles/s41522-018-0050-9.pdf

(秒刊サンデーたまちゃん


画像が見られない場合はこちら
風呂のアヒルのおもちゃ「ウンチ」と同レベルの細菌を保有していることが判明!