博報堂Consulactionセミナー
モノから発想しないモノづくり~ IoT時代に求められる、プロダクトイノベーションとは?~
2018年1月24日開催)

IoTによって様々なモノとサービスがつながり合い、AIによって人とデバイスコミュニケーションするようになるなど、新しいテクノロジーの登場により、新しい体験やサービスを生みだせる可能性が、ますます高まっています。
と同時に、これまでのモノづくりの方法論だけでは対応できない領域も広がってきています。

これからのモノづくりは、モノをつくるだけでは完結しません。
サービスコンテンツ、そしてマーケティングにいたるまで、モノをとりまくすべての体験とビジネス全体を、いかに統合的にデザインできるか。
それを実現する統合的なクリエイティビティこそが、次のプロダクトイノベーションに求められているのです。

博報堂のプロダクトイノベーションチームmonom(モノム)」は、モノ起点の事業開発・運営および各種コンサルティングを行う博報堂クリエイティブチーム。
ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン「Pechat(ペチャット)」。ユーザー日本語で話す内容を記録・解析し、ユーザーに最適な英会話レッスンを生成する、ウェアラブ英会話教師「ELI(エリ)」など、博報堂の生活者発想、クリエイティビティ、ビジネス実現力を駆使して、人と時代のインサイトを捉えたプロダクトイノベーションをサポートしています。

今回のConsulactionセミナーでは、
monomチームによるプロジェクトのご紹介と共に、真に生活者と世の中を動かす新しいモノづくりの方法論についてご紹介しました。
新規事業開発や、新商品や新サービスの開発のヒントに是非お役立てください。

▼詳細はコチラ▼
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/report/44915?utm_source=prtimes&utm_medium=prtimes&utm_campaign=prtimes_201804&utm_content=report20180124

配信元企業:株式会社博報堂

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ