3月16日、宝塚大劇場にて宝塚歌劇宙組公演ミュージカルオリエント『天(そら)は赤い河のほとり』、ロマンチックレビューシトラスの風-Sunrise-』が開幕した。初日に行われたゲネプロの模様をお届けする。

■ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』<原作/篠原 千絵「天は赤い河のほとり」(小学館)、脚本・演出/小柳 奈穂子>

●古代の皇子&現代の女子高生が新時代を拓くSFラブ・ロマンス

宙組発足から20年の節目に新トップに就任した真風涼帆&星風まどか。大劇場お披露目公演の演目は、世界最古の製鉄技術を持っていたとされるヒッタイト帝国史上、最大の繁栄をもたらした実在の皇帝がモデルの物語。原作は篠原千絵の同名少女漫画「天は赤い河のほとり」。小学館発行の「少女コミック」で1995年から2002年まで足掛け7年半連載の人気作を、脚本・演出の小柳奈穂子が95分のミュージカルに仕立てた。英雄誕生のその日まで、時の皇子カイルが人として、男として勇猛果敢に成長するさまを描く。史実にフィクションを織り交ぜた、悠久のSFラブ・ロマンスだ。

登場人物が一堂に会するオープニングからワクワク感が止まらない。ドレープをたっぷりきかせたドレスやマント、栄華を象徴する装飾品の数々。コスチューム作品ならではの豪華な衣裳に、重厚さをプラスする下村陽子の音楽。ファイナルファンタジーシリーズキングダムハーツシリーズなどのゲーム音楽で知られる作曲家だけに、壮大な世界観を見事に音楽で表現する。主題歌は真風涼帆の迫力ある低音が気持ちよく響くコードで、そこに花組から組替えの芹香斗亜の男らしい歌声が加わる。このふたり、まるで月と太陽のように好対照な魅力で互いを照らし合う。真風涼帆と芹香斗亜だからこそ出せたであろう相乗効果に、期待感は増すばかり。さらに本作は、殺陣を駆使した戦闘物語でもあり、終盤に訪れるカイル皇子VSラムセス将軍の一騎討ちでは、ふたりの戦士としての横顔にも魅了されるはずだ。

主演の真風涼帆は冷静沈着で部下からの信頼も厚く、女子には壁ドンで距離を詰めるなど、己の色香を熟知しつつも、決めた恋には一途という理想の皇子をスマートに具現化する。対する芹香斗亜は敵国ながらヒロインピンチを幾度も救うカッコいい軍隊長の役回り。浅黒い肌も逞しく野性的で、甘いマスクと太い声色とのギャップも魅惑的。星風まどかタイムスリップした現代っ子をいきいきと好演。いつしか“戦いの女神”と崇められる勇敢さは、役柄とはいえ彼女がトップ娘役と思えば頼もしい限り。真風涼帆の腕にすっぽりと収まるサイズ感もキュートで、真風との並びは胸キュン必至だ。

国同士の合戦を交えた一大叙事詩は細やかなディテールを追うより、スピーディーな展開に身を任せ、ことの成り行きを見守るのが正解だろう。新たな英雄が生まれる時代のうねりや熱気が、迫力あるビジュアルやそれぞれの歌声と共に皮膚感覚で伝わってくるはずだ。

■ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』~Special Version for 20th Anniversary~<作・演出/岡田 敬二>

●新生宙組が伝統の名作に刻む、新たな歌、ダンス、鼓動!

1998年の宙組誕生時に上演され、これまで宙組にだけ受け継がれてきた伝統のレビュー作品『シトラスの風』が、「Sunrise」などの新場面をプラスして新たによみがえる。岡田敬二のロマンチックレビューシリーズ第20弾。

圧巻はゴスペル調のナンバー「明日へのエナジー」。真っ黒な衣裳とコンテンポラリーな振付けに始まる群舞は、徐々に高まる熱気が手拍子や鮮やかな色彩の出現とともに表される。普段からクールで穏やかなイメージの真風涼帆もこの時ばかりは顔を火照らせ、飛び散る汗も厭わず髪をかきあげる。その何もかもを剥き出しにさせる楽曲のパワーと、新生宙組にたぎるマグマのような情熱は、ぜひライブで味わって欲しい感動の名場面だ。

真風涼帆&星風まどかの新トップコンビ誕生を祝う本作は、名作と伝統の名に恥じない名場面の連続であり、“今ここ”に脈打つ新星宙組の鼓動を随所に感じられる、若さと快活さに溢れたステージとなっている。

取材・文=石橋法子  撮影=森好弘

ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』撮影:森好弘