ボーンマスに所属するイングランド代表FWジャーメインデフォーが、2018 FIFAワールドカップ ロシア出場にし、チームを勝たせる自信があるとった。2日、イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

 現在35歳のデフォーは今シーズン、ここまで18試合に出場し3ゴールの記録にとどまっている。しかし、3月31日に行われたプレミアリーグ32節のワトフォード戦では途中出場し、試合終了間際には同点弾を叩き込むなど得点感覚は衰えていない。

 デフォーは、昨年10月に行われたW杯欧州予選を最後に、負傷の影もあり代表メンバーからは外れている。しかし、まだW杯出場を諦めていないことを明らかにした。

W杯に出場してチームを勝たせることができる。とてもシンプルなことだ。1分でも2分でも出場して、チャンスが訪れたらゴールを決めることはできる。大会では、スタメンだけではなく、メンバー全員が重要となる」

ベンチに座りたいとは思っていない。ベンチに座ることを認めれば、プレーする資格はもうない。最近はメンバーを外れているが、それはプレーしていなかったからだ。プレーしてゴールを決めれば何も問題はない。何年もチームに貢献したからといって選ばれるわけではない」

ワトフォード戦で同点弾を決めたデフォー [写真]=Getty Images