ビートたけし4月3日、都内で開催された「人生楽しんだモン勝ちだ! WONDA 2018年ブランド戦略発表会」に登壇し、自身の“独立騒動”を茶化すようなリップサービスで会場を沸かせた。

青空電機の部長役として同CMに出演し3年目を迎えたたけしステージに登壇するやいなや、劇団ひとりから「今ね、もう日本中が部長の言葉を待っていますよ」と独立問題をネタにされると、「しょうがねぇな」と照れ笑いを浮かべ、「ワンダの会長、社長にホントにお礼を言いたいですね」と感謝の言葉を述べるとともに、「普通だったらとっくにクビですからね」と自虐的なコメントで笑いを誘った。

たけしオフィス北野を退社すると発表してから公の場でコメントをするのは今回が初めてだが、イベント終盤に「社会人の先輩として新入社員への応援メッセージ」を請われると、「新入社員の人は会社に入ったらまずその会社の人間関係をよく見て『コイツにはついていってはいけない』『コイツは上がっていくな』とそういう人たちの動向を見定めて、忠実な会社員になって、いずれそいつを裏切って会長になる下克上の世の中を想定して生きていってほしい」とし、さらに「裏切る奴は一番よく働く奴ですよ」とも。

また、「でも俺みたいに自分の会社を自分でやめて怒られるなんて珍しいですね。自分が作った会社を出ていって何で文句を言われなければならないんだ?」と疑問を呈し、「いまだによくわからないんだ。俺の会社なんだよ」と冗談とも本気ともつかないボヤきで報道陣の“期待”に応えた。

テレビCM「モーニングショット キリッスタート二人前編」「金の微糖 ギュッと凝縮二人前編」はたけし劇団ひとり、澤部佑(ハライチ)というお馴染み3人組に、春日俊彰オードリー)が新たに加わり、「人生楽しんだモン勝ちだ!」というテーマのもと、オフィス、工場を舞台にしたコミカルストーリーが展開される。4月4日より全国で放送開始。