4月6日に放送された「芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP」(フジテレビ系)で、ドッキリにかけられたNMB48メンバー・谷川愛梨の鋭い洞察力と冷静な推理が「この子すごい!」「一気にファンになった」と話題を呼んでいる。

【写真を見る】“名探偵谷川愛梨”の大人っぽい笑顔にキュン

谷川は2011年NMB48第2期生オーディションに合格し、同年に劇場公演デビュー。翌年5月9日リリースされた、4thシングル「ナギイチ」では、シングル表題曲選抜メンバーに初めて選出された。

2017年の「AKB48 49thシングル選抜総選挙」では第57回にランクインし、ことし3月17日に公開された酒井藍の初主演映画「女子高生探偵あいちゃん」にも出演するなど、着実に人気を集めている。

そんな谷川らが仕掛けられたドッキリは、ヒロミが考案した「都市伝説ドッキリで完全再現」という企画。アイドルたちに警察官のふりをした殺人犯と対面させ、どういうリアクションを取るのか確認していった。

同じNMB48吉田朱里仕掛け人となり、谷川と山本彩加、梅山恋和をはめることに。

ドッキリは、吉田のマンションに4人で訪れるところから。入口から入ってすぐ、まず怪しい男と擦れ違い、不気味な男の印象を植え付けると、部屋に入るなりその男の話題に。

他のメンバーが気味悪がっている中、谷川は「ほくろがあった」と他のメンバーは気付かない部分まで冷静に観察していることを明かし、鋭い洞察力を披露。

そんな中、その怪しい男が警察官に扮(ふん)して「このマンションで殺人事件があったので情報聞いています」とインターホンを鳴らしてくる。

仕掛け人の吉田が安易に警察だと信じ込んだふりをして話を進めると、谷川は慌てて「ちょっと待っておかしい! こんなん家に入るわけないやん!」と止めに入る。

すぐさま「大人に確認しよう!」とインターホンを切ってマネジャーに連絡を入れ、「警察になりすまして入ってこようとしている怪しい男がいるんです。普通警察で事件があったら2人1組で来るじゃないですか」と的確に状況を説明。

さらに、その後ついにしびれを切らした仕掛け人・吉田が家に招き入れると、不審な目で見詰め続け、ニセ警察から職業を聞かれた際には「大学生です」とうそを言う。

後になぜそんなうそをついたのかと問われると、谷川は「気付いてないみんな? ちゃんと聞いてた? あの人が言った言葉」とおもむろに話し始め、一同キョトン。

続けて谷川は「あの人、『目撃情報がない』って言ってるのに、『怪しい男』って言ってんで? 誰がそんな“男”って分かるん?」と、ニセ警察官の失言を名探偵よろしく指摘するなど、終始冷静な対応をしていた。

ネタばらし後、なぜそんなに落ち着いていたのかを聞かれると「この中で一番年上だから落ち着いてないといけないと思った」という、“完璧な対応”の秘密を明かす。

これには見守る東野幸治ウエンツ瑛士峯岸みなみも「これはすごい…」と驚きを隠せない。放送中には「#名探偵谷川」とのハッシュタグでツイートが殺到した。

そんな、一連の谷川の“名探偵”ぶりに、NMB48ファンからも「愛梨ちゃんすごすぎ!」「名探偵でしたね笑」「名探偵でした」「これから名探偵とよびます」「すごすぎた!」「めっちゃかっこよかった!」と、谷川のSNSなどに興奮気味のコメントが殺到した。

谷川自身も深夜にTwitterを更新し、「あの時、私はこんなにも冷静に推理をしていたのかとテレビを観てビックリしました!!」と当時の状況を振り返り、「#名探偵谷川 守りたいと思う人たちといると人間は自然とそうなるのですかね こんなにガチなドッキリ人生で初めてでした。゚(゚´Д`゚)゚。 怖かったけど、嬉しい〜 あかりんりんごめんね〜笑」と報告している。(ザテレビジョン

仕掛け人の吉田朱里もビックリの推理