前半3分に横山の一撃で幸先よく先制 2点のリードを奪って試合を折り返す

 2019年の女子ワールドカップ(W杯)アジア予選を兼ねたアジアカップヨルダンで開幕し、なでしこジャパンは7日にベトナム戦に挑んだ。FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)が全ゴールに絡む活躍を見せ、初戦で4-0の勝利を収めた。

 今大会は4チームずつが2グループに分かれてリーグ戦を行い、各組2位以上が準決勝進出とW杯出場権を獲得する。そして、3位同士が一発勝負の5位決定戦を行い、勝者もまた本大会への出場権を手にすることができる形式だ。

 2011年のW杯優勝メンバーであり、16年4月からの高倉麻子監督体制で初招集になったFW川澄奈穂美はベンチスタート。前線には岩渕とFW横山久美(フランクフルト)を並べた。

 すると、日本はその2トップが早速期待に応えた。前半3分、ペナルティーエリア内左サイドの深い位置で岩渕がボールキープすると、後方からサポートしたMF増矢理花(INAC)にボールつなぎ、さらにパスを受けた横山が右足を強振。低く飛んだシュートがGKのニアサイドを破って幸先よく先制点を得た。

 さらに前半17分、今度は岩渕が右サイドの深い位置でボールを引き出すとそこから中央に突破。マイナスラストパスを出すと、そこに走り込んだMF中島依美(INAC)が蹴り込んで追加点とし、ゲームの展開を楽にした。

 その後もベトナム相手に押し込んだゲームを展開したなでしこは、追加点こそ奪えなかったがピンチらしいピンチはなく、2-0で前半を終えた。


後半は岩渕、途中出場の田中がゴールを奪取

 後半に入っても攻撃の手を緩めない日本は、岩渕が鋭いドリブルでベトナム守備陣にプレッシャーを与えた。そうしたなかで後半9分には、右サイドから中島が入れたクロスを岩渕が頭で合わせたが、これはゴールポストを直撃して追加点とはならず。それでも岩渕は同12分、左コーナーキックがファーサイドまで流れたところをMF猶本光(浦和レッズレディース)が中央に返したボールを押し込み、3点リードとなる一撃を決めた。

 さらに後半21分、攻撃参加したDF鮫島彩(INAC)が岩渕のラストパスを受けて一気に最終ラインを突破すると、GKと1対1になってシュート。これは弾かれたが、こぼれ球を途中出場のFW田中美南(日テレ・ベレーザ)が押し込んで4-0とした。

 日本はそれ以上のゴールこそならなかったものの、グループで力が落ちると目されるベトナム相手に勝ち点3と得失点差プラス4を得て初戦を終えた。今後、韓国、オーストラリアとの試合が中2日の連続で続く。大会としての良い入りと流れを継続し、まずはしっかりとグループ2位以内とW杯の出場権を確保したいところだ。


Football ZONE web編集部)

全ゴールに絡む活躍を見せた岩渕【写真:Getty Images】