マスターズ復帰戦、15番で今大会初イーグル実況称賛「ここぞで仕事を示した」

 男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズ(オーガスタ・ナショナルGC)最終日は8日、メジャー復帰戦となったタイガー・ウッズ米国)は「69」でスコアを3つ伸ばし、通算1オーバー32位。15番には絶品パットで今大会初イーグルを奪い、パトロンを熱狂の渦に巻き込んだ。PGAツアー公式ツイッター動画付きで紹介し、ファンから「凄まじいぞ、タイガー!」と奮のが上がっている。

 やっぱり、タイガーメジャーの舞台が似合う。熱狂を呼んだのは15番パー5だ。正確なショットで2オンに成功。イーグルチャンスにつけた。高速グリーンで大きく曲がるスライスの10メートル近いライン。しかし、ウッズは読み切った。慎重に打ち出すと大きく右に曲がっていったが、吸い込まれるようにカップへ。見事にねじ込んでみせた。

 一躍、客席のパトロンは総立ちで大采。コース全体を割れんばかりの歓が包んだ。最終日の代名詞、シャツにベストをまとったウッズはパットを持った左手を挙げ、熱狂に応えた。実況は「ここぞという時にしっかりとタイガー・ウッズたる仕事を示しました」と、今大会69ホールで飛び出した初イーグルを手放しで称えていた。

 PGAツアー公式ツイッターは「タイガー・ウッズからイーグル!」と題し、動画付きで開。映像を観た海外ファンから「2019年マスターズで優勝を!」「なんて柔らかいショットなんだ…凄まじいぞ、タイガー素晴らしいイーグルだ」「随所で彼はタイガーだと実感させられるショットは健在だ」「曲がって入る、ゴー・タイガー!」と奮のが上がっていた。

 1月ツアー復帰後、メジャー参戦は初。1オーバー32位で終えたが、復活ロードは踏み出したばかり。ここからどんなドラマを演じてくれるのか。もが楽しみにしている。(THE ANSWER編集部)

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】