(C)まいじつ

4月8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、バカリズムが『あやまんJAPAN』のあやまん監督からプロポーズを受けるという一幕があった。

【関連】 徹底ガードされる菅田将暉「いますぐ会いたい」せがむ菜々緒 ほか

以前ふたりは、共通の知り合いを通じて食事をするという話が持ち上がったのだが、あやまんは直接、バカリズムLINEで《今度2人でご飯どうですか?》とアプローチしたという。バカリズムはふたりきりで会ったときに万が一、写真週刊誌に撮られることを恐れたため、会うのを断り続けたが、なおもあやまんはメッセージを送り続けていた。

その後、あやまんはスタジオに登場し、積極的にアプローチする理由として、「(バカリズムは42歳、あやまんは38歳と)お互いに歳も歳なので、(悠長に)ご飯に行ってる場合じゃないんですよ」と明かした。そして署名入りの婚姻届を取り出し、「真剣に結婚してください。よろしくお願いします」とプロポーズしたが、バカリズムはそれを言い終わらないうちに「お断りします」と返事をした。

結婚を断るのはあやまんのよさが分かっていないからだとして、あやまんJAPANのほかのメンバーも登場し、パフォーマンスを披露することになった。

バカリズムの頭を股に挟むパフォーマンスを披露したあとで、再度プロポーズをしたが、やはり玉砕してしまった。

 

あやまんJAPAN「バカリズムに必死の求婚」も無残に玉砕

「意外とお似合いではないか」との声も

この過激なパフォーマンスに対し、ツイッターで批判が上がった。

《ごめんね頑張ってるんだろうけど気持ち悪かったです》
お母さんがあやまんじゃぱん見て気持ち悪い連呼してる……》

また、バカリズムから何度断られてもあきらめない理由として、あやまんは「バカリズムさんは素直になれない。(断られて)ここでくじける女がたくさんいる。心の扉を開いて、わたしが行ってあげないとずっと独身だと思う」と持論を展開していた。

この意見に納得した人がいたようで、一部の視聴者からは《バカリズムあやまん監督結婚すればいいのにー》や《バカリズム(陰)とあやまん(陽)。絶対、一緒になった方がいいと思う》など、カップル誕生を期待する投稿もあった。

現時点では結婚はおろか交際の可能性もゼロに近いと思われ、あやまんの発言が本気なのかどうかは定かではない。だが、しばらくふたりの関係は続きそうだ。