プリンセスクルーズは、アジアにおける組織と運営に関して、新体制を発表しました。

アンソニー H. カウフマンは、カーバルコーポレーション下の4組織、プリンセスクルーズ、ホーランドアメリカラインシーボーン、カーバルオーストラリアプロフェッショナルサービス担当エグゼクティブ・ヴァイスプレジデントチーフファイナンシャルオフィサーに就任しました。今後は、4組織を統括するチーフ・エグゼクティブ・オフィサー、スタイン・クルーズの下で、ファイナンシャルプランニングとレポーティング、ファイナンシャル・アナリシス、経理、税、そしてファイナンシャルストラテジー設定を担当します。これまでカウフマンは、プリンセスクルーズアジアオーストラリアイギリス、そしてヨーロッパインターナショナル・オペレーション担当 エグゼクティブ・ヴァイスプレジデントとして活躍していました。

ディアナ・オースティンは、プリンセスクルーズでの30年に渡る勤続経験を経て、2017年チーフコマーシャルオフィサーに就任しました。オースティンは、プリンセスクルーズおよびカーバルオーストラリアグループプレジデントであるジャン・スワーツの下、グロバル・ディプロイメントとレヴェニュー・マネージメントを担当すると共に、コマーシャル・オペレーションの分野で、イギリスオーストラリア日本中国台湾韓国香港、そしてシンガポールにおける計12か所のオフィスを統括し、世界中のプリンセスクルーズの販売代理店との取引管理も行います。

スチュアート・アリソンは、アジア太平洋地区コマーシャル・オペレーション担当 シニアヴァイスプレジデントに昇進し、ディアナ・オースティンの下、新たな役職に就任しました。今後は、担当エリアが広がり、オーストラリアニュージーランドに加え、日本中国台湾韓国香港、およびシンガポールを統括します。20年近くに渡る業務経験を経て、アリソンは、現在も拠点とするシドニーで、オーストラリアニュージーランドにおけるプリンセスクルーズヴァイスプレジデントとして、事業の成功を収めています。今後も引き続き、オーストラリアニュージーランドにおけるレヴェニューとオペレーションを担当します。

チーフ・エグゼクティブ・オフィサーであるスタイン・クルーズは次のように述べています。「アンソニーディアナ、そしてスチュワートの昇進について発表できることは、非常に光栄なことです。要職としての業務において、彼らのリーダーシップ、品位が、プリンセスクルーズというブランド、従業員、および同僚に永続的な影を与えることを確信しています」。


プリンセスクルーズについて
世界最大の際的なプレミアムクルーズラインであるプリンセスクルーズは、現在 17 隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、施設の豊富な選択肢を、上質なカスタマーサービスとともに提供世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間200万人のゲスト世界の360以上の的地に向けて、3泊から 111泊の日程でバラエティ豊かな150以上のクルーズを運航。
プリンセスクルーズは、カーバルコーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)下の会社。

プリンセスクルーズな受賞歴

内での受賞】

配信元企業株式会社カーバルジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ