シンガポールプレミアリーグ第2節、アルビレックス新潟シンガポール対バレスティア・カルサが8日に行われた。

 スコアレスで迎えた76分、高橋建也が左サイドから入れた鋭いクロスが相手DFがヘディングでクリア。しかし、ボールゴールに吸い込まれ、アルビレックス新潟シンガポールオウンゴールで先手を奪った。

 ゴール前に人数をかけて守備を固めるバレスティア・カルサに苦しめられたアルビレックス新潟シンガポールだが、敵地で1-0の勝利。勝ち点3を奪い開幕2連勝を飾った。

2018年4月8日(日)17:30キックオフ
レスティア・カルサ 0-1 アルビレックス新潟シンガポール
0-1 76分 オウンゴールアルビレックス新潟シンガポール