長く付き合っていると、あなたが何気なく取っている言動が「こんな彼女は無理だ……」と、男性に思わせてしまっていることも!?

そこで今回は、男性の気持ちが冷めた瞬間をまとめました。

■「○○して」が多すぎ!

男性としては、彼女に求められたことに「できるだけ、応えてあげたい!」と思うもの。でも、あまりにも要求が多すぎると、男性の気持ちが冷めてしまうので注意が必要です。
たとえば、「電話には絶対に出て」「LINEの返事はすぐにして」と、男性の都合を考えてくれない彼女には、うんざりしてしまいます。適度なおねだりかわいいのですが、行き過ぎるとはよくありません。

■衝撃の過去を暴露されたとき

「知りたくなかった……」。著者の友人がとても苦しそうに、漏らしていたセリフです。彼には、結婚を視野に入れてお付き合いをしている女性がいたのですが、ある日、彼女から突然「過去に風俗で働いていた」と打ち明けられたそうです。

彼はとても驚いたのですが、彼女の過去を受け入れようとしました。でも、ふとしたときに「風俗で働いていた」と考えだすと、どうしようもない気持ちになったといいます。結局、ふたりの関係はぎこちなくなり、別れることに……。言わなくていいことは、黙っておくというのもひとつの方法かもしれません。

■強引すぎる結婚願望

男性と付き合う中で、「結婚」を意識するのはよくある流れ。「大好きな彼と結婚したい」。でも、この気持ちで迫り過ぎてしまうと、男性は冷めてしまい、結婚どころか「もう、この子とは別れたい」と思ってしまうこともあるようです。

結婚の話ばかりをする、結婚を連想させるものを頻繁に男性に見せるといった行為はNG。ふたりで未来の話をするなど、男性の気持ちを確認しながら、少しずつ結婚へと向かっていけるようにしましょう。

ネガティブで愚痴が多い

日常の愚痴を男性に話したい女性は多いもの。男性も自分が彼女の愚痴を聞いてあげて、彼女の気が済めばいいと思っています。でも、あまりに愚痴が多く、内容がネガティブなものばかりだと、いくら好きな彼女のためとはいえ、疲れてしまいます。

そして、あまりに言動が過ぎると「心が病んでしまっているのでは……」と思ってしまうことも。愚痴を話すときは、相手を不快にしないよう気を付けておきましょう。

■楽しそうな悪口や意地悪の暴露

自分の彼女が、誰かの悪口や、自分がした意地悪な行為などを、楽しそうに話していると、冷めてしまうどころか、怖いと思ってしまうケースも。「自分はなぜ、この子と付き合っているのだろう」と別れを考えさせてしまうのです。

男性がどうこう以前の問題として、悪口や意地悪をしたことを楽しそうに話すのは御法度。とはいえ、ストレスが溜まっていると、そういう行為をしかねないので要注意です。

■おわりに

無意識のうちに、やってしまっていることはありませんでしたか? あなたの言動が別れに繋がらぬよう、一度、自分の毎日の言動を見直してみるのもいいかもしれませんね。

iStock-491804328 (1) (1)