4月5日に東京・Zepp Tokyoにて浦島坂田船の全国ツアー「Spring Tour 2018 ~桜吹雪で乱de舞!~」の最終公演が行われた。

【大きな画像をもっと見る】

開演直前、フロアからは自然と「浦島坂船!」というコールが巻き起こり、メンバーが登場する前から会場内は異様な熱気に包まれていた。開演時間を迎え、和傘を手にした浦島坂田船の4人がステージ上に現れ、1人ずつ傘から顔を覗かせるとフロアからcrew浦島坂田船ファンの総称)の盛大な歓声が上がる。ライブは「百花繚乱」「千本桜 -guitar rock arrangement-」の2曲で幕開け。曲中、フロアからはメンバーの名前を呼ぶ声が上がり、ライブ序盤から大盛り上がりとなった。「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」では盛大なコールレスポンスが上がり、次の曲「太陽系デスコ」ではメンバーの手の動きに合わせてペンライトが左右に振られるなど、一体感のあるパフォーマンスが繰り広げられていった。

ソロコーナーに入り、センラ1人がステージに残るとフロアのペンライトの色は、彼のイメージカラーである黄色一色に。センラが「ターミナル」をしっとりと歌い上げた後には、志麻が登場。2人のMC中には男性crewから野太い声で「抱かれたい!」といった声が上がるひと幕もあった。志麻とセンラの“志麻セン”コンビによる「♯嘲笑ポラロイド」のアウトロでセンラが「ファイナルの意気込みを、志麻くん」と呼びかけると志麻は「んー、がんばる!」とひと言。センラステージを去ると、1人ステージに残った志麻は「カメリア・コンプレックス」で力強い歌声を響かせてファンを魅了した。

となりの坂田。は、Eveの楽曲「お気に召すまま」のカバーを身振り手振りを交えながら歌唱。さらにうらたうぬきが加わると“うらさか”の2人で「ノンファンタジー」を披露した。曲中、2人は肩を組みながらステージ上を自由に動き回るなど、仲睦まじい様子を見せる。うらたぬきが「テオ」をソロで熱唱したあとには、浦島坂田船のワンマンライブで恒例となっているムービーの上映が行われた。ムービー内で4人は、全国ツアーの会場のある都市の知識が試されるクイズに挑戦。クイズの結果、一問も正解することができなかったうらたぬきは、氷風呂に入る罰ゲームを受けることに。うらたぬきが氷風呂に浸かる際には、フロアからも「がんばれ!」といったファンからの声援が上がった。

メンバー4人が息を合わせて和太鼓を叩くパフォーマンスを経て、ライブは終盤へ。バンドメンバー紹介の際には、アドリブで“春ツアーファイナルを迎えたことを感謝する歌”を歌唱する流れになり、志麻を中心にバンドメンバーを含む全員で即興ソングを披露した。浦島坂田船の4人は「彗星ハネムーン」を皮切りにノンストップで4曲をパフォーマンス。「Shouter」で盛大な「Yeah」の叫び声を響かせた彼らは、「SHOW MUST GO ON!!」を振り付けを交えながら熱唱し、本編の幕を閉じた。

アンコールでは4人それぞれツアーの感想などを口にするMCが展開された。昨年の全国ツアーで体調不良のため一部の公演への出演をキャンセルしていた志麻は「夏ツアーで行けなかった場所に行けて、みんなからすごくエネルギーをもらいました。本当に応援してくれてるみんなの力はすごいんだなって思いました」とファンに向けて感謝の言葉を贈った。さらに彼は「例えバラバラになろうとも、我々はここに戻ってきます」と「Mermaid」の歌詞を彷彿とさせるひと言から、「Mermaid」の演奏へとつないだ。この日最後の楽曲は、浦島坂田船の“春曲”として2月に動画共有サイトで公開された「そらに、ひらり」。季節感あふれる楽曲で会場内は大盛り上がりとなった。計20曲が披露され、名残惜しそうにフロアに向けて各メンバーが手を振る中、うらたぬきは「お前ら、楽しかったか!」とcrewに呼びかける。盛大な歓声が返ってくると彼は「また来るからな。そのときはお前らも来いよ。頼むぞ!」と叫び、メンバーと共にステージをあとにした。

終演後、ステージ上のスクリーンでは浦島坂田船の結成5周年を記念した「4大告知」があることが発表された。第1弾の発表は本日4月9日(月)の夜にニコニコ生放送で配信される番組「浦島坂田船のげつようび!」の中で行われるとのことなので、ファンは楽しみにしておこう。

浦島坂田船「Spring Tour 2018 ~桜吹雪で乱de舞!~」2018年4月5日 Zepp Tokyo セットリスト

01. 百花繚乱
02. 千本桜 -guitar rock arrangement-
03. チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!
04. 太陽系デスコ
05. ターミナル / センラ
06. ♯嘲笑ポラロイド / 志麻、センラ
07. カメリア・コンプレックス / 志麻
08. お気に召すまま / となりの坂田。
09. ノンファンタジー / うらたぬきとなりの坂田。
10. テオ / うらたぬき
11. 海賊船~心の奪い手~
12. 花鳥風月
13. Carry Forward
14. 彗星ハネムーン
15. ハロウ!ゴーストシップ
16. Shouter
17. SHOW MUST GO ON!!
アンコール
18. 年に一夜の恋模様
19. Mermaid
20. そらに、ひらり

浦島坂田船「Spring Tour 2018 ~桜吹雪で乱de舞!~」最終公演の様子。(撮影:小松陽祐[ODD JOB])