W杯アジア最終予選後の成績不振が影響か E-1選手権・韓国戦の結果に現地紙言及

 6月のロシアワールドカップ(W杯)に出場する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、電撃解任されると伝えられている。海外メディアも一斉に報じるなか、韓国紙「スポーツソウル」は昨年12月に行われたE-1選手権で日本が韓国に1-4と惨敗を喫したのが「決定的な理由」だったと指摘している。

日本サッカー協会ロシアワールドカップ開幕の2カ月前にバヒド・ハリルホジッチ日本代表監督を更迭する衝撃措置を断行」

 そう報じたのは、韓国紙「スポーツソウル」だ。八百長関与疑惑で解任されたハビエル・アギーレ前監督の後任として、2015年3月にハリルホジッチ氏は日本代表監督に就任。W杯アジア最終予選を首位で突破し、6大会連続のW杯出場を決めたが、本大会まで残り2カ月のなか解任話が急浮上した。

「ハリルジャパンロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦でW杯本大会出場権を獲得したが、その後の国際親善試合などの成績が悪く、結局3年で終わりを告げる」

 アジア最終予選後、10月ニュージーランド戦(2-1)、ハイチ戦(3-3)で苦戦。11月の欧州遠征ではブラジル(1-3)とベルギー(0-1)の強豪相手に連敗した。そして同記事では、12月のE-1選手権の結果が尾を引いていると記す。同大会では北朝鮮戦で1-0、続く中国戦で2-1と連勝するも、韓国戦で1-4と惨敗した。

「当時、苦心の末、ハリルの留任を決定」するも、3月遠征でダメ押し

「解任された決定的な理由は、昨年12月ホームで行われたE-1選手権の韓国戦で1-4と惨敗したからだ。日本サッカー協会は当時、苦心の末、ハリルの留任を決定した」

 同記事では、日韓戦の結果が“解任”の最大の引き金になったとしている。3月のベルギー遠征でのマリ戦(1-1)、ウクライナ戦(1-2)で1分1敗に終わり、それがダメ押しになったと見ている。

 2014年ブラジルW杯でアルジェリア代表を指揮し、同国を史上初の16強へ導いたハリルホジッチ監督だが、日本での冒険はW杯直前にして潰えることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

バヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】