2018年3月19日 米国にて発表】

ハワイ大学は、同マウイカレッジキャンパスが、敷地内で利用するエネルギー100%を、蓄電機能を備えた太陽光発電システムによって発電する米国初のキャンパスになることを発表しました。本プロジェクトは、ジョンソンコントロールインターナショナルニューヨーク証券取引所略号:JCI、以下ジョンソンコントロールズ)とパシフィックカレント社とのパートナーシップの一環であり、オアフ島にあるハワイ大学のコミュニティカレッジの4つのキャンパスでの化石燃料の消費も大幅に削減します。

ハワイ大学マウイカレッジの新しい太陽光発電および蓄電システム2019年に運用開始を予定しており、これによって化石燃料ベースエネルギーは不要となります。オアフ島では、日除けテント、分散型蓄電池とエネルギー効率化手法を組み合わせることで、リーワードコミュニティーカレッジ、ホノルルコミュニティカレッジ、カピオラニコミュニティカレッジ、ウィンワードコミュニティカレッジでの化石燃料の使用量を、それぞれ98%、97%、74%、70%削減します。

2015年ハワイ州は、2045年までに再生可能エネルギー100%を達成するというかつてない取り組みを米国で初めて実現することにコミットしました。同時に、ハワイ大学とハワイ州議会は2035年1月1日までに大学システムを「ネットゼロ」にするという共同目標を立てました。これは、キャンパス全体で消費する量と同じエネルギーを、再生可能エネルギーで賄うことを意味します。

ハワイ大学の10のキャンパスのうち、マウイカレッジはエネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで供給する初めてのキャンパスになることを目指しています。

ハワイ大学、ジョンソンコントロールズ、パシフィックカレント社の複数年におよぶエネルギー効率化および再生可能エネルギープロジェクトの提携は、第2フェーズに入りました。第1フェーズでは、2010年ジョンソンコントロールズが獲得したエネルギー保証契約に基づき、ハワイ大学マウイカレッジおよびオアフコミュニティカレッジのキャンパスエネルギー効率化ソリューションが導入されました。第2フェーズでは、エネルギー効率化改修および蓄電池を組み合わせた太陽光発電システムの採用などが予定されており、5つのキャンパスで必要に応じて再生可能エネルギーを利用できるようになります。蓄電池を組み合わせた太陽光発電システムジョンソンコントロールズが開発し、ハワイに拠点を持つパシフィックカレント社が所有します。エネルギー効率化改修により、これらのキャンパスで延期されていた約2,000万ドル分のメンテナンス費用も削減できます。

ハワイ大学のコミュニティカレッジ担当バイスプレジデントジョンモートン氏は次のように述べています。「第2フェーズの実現により、これら5つのハワイ大学キャンパスは化石燃料のエネルギー消費を年間最大14GWh(45%)削減し、最大13GWhを再生可能エネルギー発電で賄うことが可能になります。ハワイ大学が実現しなければいけない、全システムネットゼロエネルギーにするという目標が、マウイカレッジでの実現によって前進すること、そしてオアフ島にあるコミュニティカレッジのキャンパスが再生可能エネルギー100%発電できるポジションに届いたことを誇りに思います」

第1フェーズにおいて、キャンパス間のエネルギー保全対策の導入に成功したことに続き、第2フェーズではハワイ大学のマウイカレッジのキャンパスで、2.8MWの太陽光発電と13.2MWhのバッテリーによる分散型エネルギー貯蔵を、そして同大学コミュニティカレッジのオアフキャンパスでは7.7MWの太陽光発電と28.6MWhの分散型エネルギー貯蔵を実現します。

ジョンソンコントロールズの北米ビルソリューション担当プレジデントロッド・ラッシングは「ハワイ州は、2035年までにネットゼロにすることを決定し、持続可能性と再生可能エネルギーの国家レベルの基準を策定しました。当社はこのコミットメントを達成するために大学と提携し、計画よりも16年も前倒しでハワイ大学マウイカレッジがキャンパス内で100%の再生可能エネルギーを発電、蓄電する米国で最初のキャンパスとなることを誇りに思います」と述べています。

プロジェクトに関するハワイ大学の5つのキャンパスエネルギーとインフラの改善は、2019年第2四半期までに完了する予定です。

ネットゼロ目標へのハワイ大学の進捗状況の詳細については、「ハワイ大学2018年ネットゼロエネルギーに関する年次報告書」をご参照ください。
https://www.hawaii.edu/govrel/docs/reports/2018/hrs304a-119_2018_net-zero_annual-report.pdf

ハワイ大学について
1907年に設立され、WASC(The Western Association of Schools and Colleges)認定を受けているハワイ大学は、州内に10のキャンパスと数十の教育、訓練、研究センターを有します。 ハワイにある唯一の公共高等教育機関であるハワイ大学は、大学、大学院、専門、コミュニティの各プログラムを提供しています。 ハワイ大学には、ハワイおよび米国本土、そして世界中から49,000人以上の学生が在籍しています。詳細は、https://www.hawaii.eduをご覧ください。

ジョンソンコントロールインターナショナルについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する業界トップクラスのグローバル多角産業企業です。約12万人の従業員がシームレスに連携し、スマートシティやスマートコミュニティを実現するインテリジェントビル、エネルギー効率化ソリューション、統合インフラ、次世代輸送システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった世界初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。当社はお客様の成功を支援し、ビル制御やエネルギー貯蔵といった戦略的成長基盤に注力することで、すべてのステークホルダーに向けて価値を創出します。詳細は、http://www.johnsoncontrols.comをご覧いただくか、またはTwitterで@johnsoncontrolsをフォローしてください。

ジョンソンコントロールズ日本法人について
ジョンソンコントロール株式会社は、ジョンソンコントロールインターナショナル(Johnson Controls International, Plc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長:吉田 浩)です。建物のライフサイクルを通じた効率化を促進する中央監視、自動制御機器、空調冷熱機器、冷凍機、セキュリティシステムの製造、施工、保守、ならびに運用コンサルティングを提供しています。国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細はwww.johnsoncontrols.co.jp をご覧ください。

パシフィックカレントについて
パシフィックカレントは、Hawaiian Electric Industries, Inc. (以下、HEI) (NYSE: HE)の新しい子会社です。パシフィックカレントは、ハワイ州のクリーンエネルギーおよび持続可能な未来に関するHEIの事業戦略策定およびその機会への投資を担います。詳細は www.hei.comをご覧ください。

配信元企業:ジョンソンコントロール株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ