タイトルからしてそそられる…そんな展覧会が今から始まります。それが今回紹介する、4月21日(土)からスタートする「大正ロマン昭和モダン展 ―竹久夢二・高畠華宵とその時代―」です。

サブタイトル竹久夢二、そして高宵はJapaaanでも取り上げることも多いアーティストですが、久夢二(たけひさゆめじ)は大正ロマンを代表する画で、夢二が描く美人画は「夢二式美人」とも呼ばれ、独特の世界観をもった作品を数多く残しました。

※【1】久夢二≪星まつり大正末頃 【2】小村岱≪お地獄昭和13年頃 【3】小夢≪魔≫昭和7年 【4】北野恒富≪大正14年 【5】小早川清≪近代時世粧ノ内 一 ほろ酔ひ≫昭和5年2月 【6】高宵≪あじさい昭和6~30年頃

宵(たかばたけかしょう)は大正時代〜昭和時代に活躍した画で、どこか中性的で妖艶な美人画は一度見たら忘れることのできない魅を放っています。

※【7】高宵≪南の唄『少女画報5月号』の口絵≫ 【8】高宵≪をいだいて(鈴蘭)≫制作年不詳 【9】橋口五葉≪化粧大正7年

本展はそんなふたりの作品を中心に、大正から昭和にかけて活躍した画たちの作品が約200点、展示されます。大正から昭和初期にかけての30年間は、日本文化と西洋文化が交じり合い、それまでに見られなかった新しい文化が開いだ時代でもあります。そんな新時代の中で久夢二や高宵らは独自の作をもってアート業界を担いました。

昭和時代にも岩田太郎中原一ら挿絵画が活躍。さらに、明治期からの浮世絵衰退に対して浮世絵した「新版画」という分野も登場していきます。

本展で作品が展示される画は、久夢二、高宵、そして蕗児、岩田太郎中原一、鏑木清方、伊東橋口五葉など、大正昭和の日本のアートシーンにとても大きな影を与えた画ばかり。

大正ロマン昭和モダンなあの時代のテイストが好きな人にとっては外せない展覧会になりそうですね。「大正ロマン昭和モダン展―久夢二・高宵とその時代―」は4月21日(土)~7月1日(日)の期間、神戸市神戸ファッション美術館で開催されます。

「大正ロマン昭和モダン展―竹久夢二・高畠華宵とその時代―」

 
関連画像