アウディのコンパクト・クーペ「TT」改良型がニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

詳細画像はこちら

2021年にも登場が予想される次世代型には「MLB Evo」プラットフォームが採用されると思われるため、この改良型は「MQB」プラットフォーベース最後のコンパクトモデルとなる可能性が高いと予想されます。

詳細画像はこちら

キャッチしたテスト車両は、ヘッドライトに現行の物を再装着させていますが、テールライトはリフレッシュされ、グリルメッシュになります。エアダクトは立体感のあるスポーティなデザインが採用されているようです。またサイドシルやリアバンパーに「Sライン」仕様が装着されており、フェイスリフトのタイミングで標準装備となる可能性があります。

パワーレインは、1.8リットルTFSIに代わり2リットルユニットを搭載、最高出力は245psを発揮しますが、目玉はVWが新開発する48Vマイルドハイブリッドの1.5リットル直列4気筒ターボ「1.5 TSI Evo」搭載モデルです。

ワールドプレミア2018年秋以降となりそうです。

APOLLO

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

MQBベース最後のモデルになる? アウディ・TT改良型、ニュル高速テスト開始!(http://clicccar.com/2018/04/09/575025/)