航空機の着陸は、滑走路にスムーズソフト)に接地させたほうがよいか、あるいはドシンと衝撃が加わったかたちのほうがよいのか、世間でも関心が広がりつつある。

 昨年、あるテレビ番組で大手航空会社の代表として出演した機長が、「着陸はソフトでなくドシンと着けるのが正解」と解説してスタジオをどよめかした。その番組はテレビ局ときどき特集する“航空会社の仕事大公開”という内容で、フライトに密着しながらパイロット、CA(客室乗務員)、整備士、それにグランドスタッフがどのような仕事をしているのかを紹介するものである。したがって制服姿で視聴者に語る内容は、タイアップしている航空会社としての考え方が反映しているもので、個人的発言ではすまされない。

 さらに私自身も今年に入って新年会代わりに集まったジャーナリストと週刊誌編集者との雑談のなかでも同様の話が出て、世間では一部都市伝説化していると言われたのにも驚いた。

 航空界に少し前までいた経験から言わせてもらうとまず、着陸にはドシンと着けるほうがよいなどとは飛行マニュアルのどこにも書かれていないし、世界の航空界では今でも「着陸はソフトに」というのは常識である。

 パイロットにとっての着陸最後の数秒間のフレアーという機首の引き起こし操作によって、いかにスムーズに接地させるかという技術こそ、訓練でもっとも時間をかけている点でもある。スムーズに接地することは単に乗客へ安心感と快適性を与えるだけでなく、機体に与える衝撃を少なくして、接地が引き金となって新たなトラブルを引き起こすことを防ぐ目的がある。

 それは整備コストの節約にもつながり、CAの怪我の防止にもプラスに働くのである。意外と知られていないが、CAの座るジャンプシートは薄く、衝撃に弱い。そのためハードランディングによって、腰や首を痛めて病欠になる事例も少なくない。これも航空会社にとって損失となる。

 では、なぜドシンと接地する着陸のほうがよいというような話が広がってきたかといえば、ひとつには20年ほど前からパイロットのなかには、ハードランディングをしたときにCAへの「言い訳」のように語る風潮が生まれ、それをCAたちが知り合いなどに話したことを通して、いつの間にか世間に広まっていったと思われる。

●定点着陸

 スムーズな着陸に失敗して使われるその「言い訳」とは、「ドシンと定点に着陸をしたほうが残りの滑走路の距離が残り、オーバーランの危険性が少なくなる」という理屈だ。

 この場合の定点とは滑走路端から300メートル地点から500メートル付近までを指す(公式には着陸帯は1000メートルまで)。パイロットとして、滑走路が雷や氷で滑りやすくなっているときには、できるだけこの定点に着陸させたほうがよいのは、以前から常識になっていて異論はない。

 その定点着陸をいかなる空港の滑走路でも推奨するというのが最近の趨勢である。しかし、航空機の性能上、地面がドライ(乾いた状態)の滑走路では定点にこだわらず、多少接地帯が延びてもその間の減速効果もあり、接地後すぐに停止できるものである。

 特に羽田空港をはじめとする大空港の滑走路は3000メートル前後の長さもあり、十分な余裕があるので心配はない。管制官からかなり手前のところから誘導路に出るように協力を求められているほどである。

国交省の責任

 このようにパイロットがどのような滑走路においても定点にこだわり始めた背景には、国土交通省航空局の試験官や審査官たちがそれを推奨し始めたこともある。

 以前では、審査において何回かの着陸を通してたまに着地点が延びたりしても、着陸操作全体を見て安全な技術を持っていると判断できれば合格とされてきたものが、今日では着陸帯を少しでも超えてしまうと不合格とされる例が増えてきたのである。

 そのような評価がパイロットプレッシャーになり、いつしかスムーズではなくドシンとつく着陸のほうが合格しやすいということになり、訓練や実際のライン運航の場でもそれを目指すようになってきた。

 しかしながら、航空局の審査基準には長年続けられてきた着陸操作にかかわる変更は見られず、いつしか運用面で定着したと思わざるを得ない。百歩譲って仮に審査基準を変更するのであれば、具体的に変更の背景や世界的な動向との整合性を明らかにすべきであろう。

 私は明らかに現在の審査での運用は間違っていると言いたい。その理由は、定点着陸を優先させるか否かは、滑走路の状態や天候などを考慮して、機長が十分に判断できるものである。

 実際、今日では接地が予想外に延びた場合には、ゴーアラウンドによって着陸をいったんやり直す例も増えている。かつて私が安全推進部に所属していたときに、社を挙げて「ハードランディング撲滅キャンペーン」を推進し大きな成果を挙げたことがある。定点着陸にこだわるとハードランディングになりやすいことは明らかで、いたずらに機材に衝撃を与えることは得策ではない。

 経験上、欧米系の航空会社ではハードランディングはもとよりスムーズな着陸が当たり前となっていて、日本で働く外国人パイロットも実際のライン運航ではスムーズな着陸を心掛けているようだ。

 世界的に今日でも「着陸はスムーズソフト)に」という常識が、日本ではいつの間にか否定されるような風潮は止めなければならない。国土交通省は、パイロットに定点着陸へのプレッシャーを与えるような運用を改め、審査の運用基準を明らかにすべきであろう。

 そして何よりも、一度立ち止まり航空界全体で広く議論を行い、コンセンサスの確立に努力する必要がある。これには各航空会社と、そこで働いているパイロットにも責任がある。現在のような運用によって機体に衝撃を与える着陸が増えれば、それはまわりまわって利用者の安全にも降りかかってくることを考えてほしいと願うばかりである。
(文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長)

羽田空港の滑走路(「Wikipedia」より)