3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が最終回を迎え、ついにレギュラー番組が消滅したとんねるず4月16日には同じフジテレビで「石橋貴明のたいむとんねる」がスタートするものの、相方木梨憲武についてはレギュラー出演番組の予定は聞こえてこないようだ。

 その木があるバラエティ番組にゲスト出演することになり、業界内で驚きのがあがっている。なぜなら4月10日に出演予定の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)は、とんねるずが出入り禁止だと噂される日本テレビの番組だからだ。ここでテレビ誌のライターがささやく。

とんねるずレギュラー番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』が2001年3月に終了して以降、日本テレビには出演していません。諸説ありますが、局側の実者から嫌われて出禁になったというのがもっぱらの噂です。ただ石橋に関してはこの番組が終了した半年後に連続ドラマ『レッツ・ゴー!永田町』で役を務めていたことから、出禁の原因は木にあると見られていました。ところがその木が『ウチのガヤが』に出演することから、実は石橋こそが日テレから出禁になっていたのかと驚くテレビ関係者が少なくないようです」

 その日テレとんねるずを巡る因縁には浅からぬものがあるとされている。たとえば2013年に放送された、ともに放送開始から60年を振り返る日テレNHKとの共同制作番組などでも、とんねるずの名前はいっさい出なかったという。ただ、日テレのこれまでの放送内容を見ていくと、木に関しては、今回の「ウチのガヤ」のみならず、15年10月放送の「いろもん極」にもゲスト出演していたり、同じく15年8月放送の「NEWS ZERO」で画・木に密着取材するなど、日テレとの関係は断絶していないようだった。

「そうなるとやはり、出禁の原因は石橋にあると考えるのが自然でしょう。『生ダラ』終了後に出演したドラマについては、その『生ダラ』で石橋と密接な関係にあった名物テレビマンの土屋敏男氏が、番組終了後に編成部長に異動したことで実現したとの観測もあります。そして石橋自身も自分が日テレ出禁であることは強く自覚しているはず。だからこそ昨年12月21日に『みなおか』で、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』の最終回が放送された時は、冒頭に『これだけでも持ってですね、日テレに行きます』とのギャグを飛ばせたのでしょうね」(前出・テレビライター

 出禁であることが周知の事実だからこそ、あり得ない話としてギャグにできるということか。ともあれ日テレで今後、木の姿を観る機会は何度でもありそうだ。

金田麻有)

アサ芸プラス