この春スタートする新ドラマの中でも特に注目を集めるのが、長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)と二宮和也主演「ブラックペアン」(TBS系)。この2作品に共通するのが、“ひと癖ある天才”の活躍を描く点だ。ある分野では天才的な能力を持ちながら、人として決定的に欠落した部分も持ち合わせる――そんな魅力的なキャラクターに注目する。

【写真を見る】長澤まさみ、変幻自在の七変化!「コンフィデンスマンJP」

■ 抜群の頭脳も性格は無軌道な“変わり者”

「コンフィデンスマンJP」(4月9日スタート、毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系※初回は-10:24)は、ダー子(長澤まさみ)たち3人の信用詐欺師が、華やかな世界にはびこる欲にまみれた悪徳富豪から大金をだまし取っていくコメディー

ドラマリーガルハイシリーズ2012年ほかフジテレビ系)や「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジテレビ系)などで知られる古沢良太氏が脚本を手掛け、ダー子一味と悪徳大富豪たちとの大金を巡る壮大なだまし合いを描く。

そんな本作でひと癖ある天才ぶりを見せつけるのが、ダー子たち3人の信用詐欺師だ。

リーダー的存在のダー子は、抜群の知能と集中力を持つ。難解な専門知識も短期間でマスターして変幻自在の七変化であらゆる業界に潜入、誰も予想できない詐欺計画を企てる天才的頭脳の持ち主。

だが無軌道な性格な上に天然、その能力の高さに周囲が「真面目に働いても成功するよ」と言っても、「(真面目に働くなんて)才能の無駄遣い」と一蹴するなど自由すぎる言動を見せる、かなりのクセ者だ。

そんなダー子を支えるのが、真面目な小心者の信用詐欺師・ボクちゃん(東出昌大)と、信用詐欺師で善人から悪人までを見事に演じる変装の達人・リチャード小日向文世)だが、この二人もまた、ひと癖あるキャラなのだ。

詐欺師にもかかわらずお人よしでだまされることも多いボクちゃんは、意外にも人をだますことも得意。一方リチャードは、生まれながらの品の良さと超一級の変装の腕で、あらゆる職業人に成り済ます。

■ 「コンフィデンスマンJP」気になる序盤のストーリーは…

9日放送の第1話で詐欺師のダー子(長澤)は、“日本のゴッドファーザー”と呼ばれる、悪徳財団会長の赤星(江口洋介)を詐欺の標的に決める。

リチャード小日向)は変装して赤星に近づくが、その正体がばれて、瀕死の重傷を負う。

詐欺師から足を洗おうとしていたボクちゃん(東出)は、リチャードの敵を討つべく、ダー子の計画に参加する。

続く第2話(16日放送)では、ボクちゃんが老舗旅館で働き始める。だが、悪徳チェーンに買収される可能性があると知り、その会社から大金をだまし取りたいとダー子に相談する。

■ 手術成功率100%!“オペ室の悪魔”

ドラマブラックペアン」(4月22日スタート、毎週日曜夜9:00-9:54TBS系※初回は-10:19)にも、ひと癖ある天才が登場する。二宮和也演じる凄腕医師・渡海征司郎だ。

ブラックペアン」は、“オペ室の悪魔”と恐れられる天才外科医・渡海が大学病院という組織に立ち向かっていく医療エンターテインメント。渡海は出世に興味がない万年ヒラの医局員で、腕は確かだが傲慢(ごうまん)な性格と言動で周囲と軋轢(あつれき)が絶えない、というクセ者だ。

論文も書かないため、大学病院では出世はしないが、手術成功率100%を誇り、周囲も一目置かざるを得ない。高度な技術を必要とする手術も簡単にこなす上、他の医師が行った手術の術後まで予測して行動できる。さらに、心臓外科の権威として“神様”扱いされる佐伯(内野聖陽)からも一目置かれている。

はたして、周囲と交わろうとしない孤高の天才が目指すものは何なのか。そして、渡海を認める佐伯の思惑は…医師たちの心理合戦にも注目だ。

■ 「ブラックペアン」気になる序盤のストーリーは…

22日放送の第1話では、心臓外科の権威・佐伯のオペを視察するため、エリート講師の高階(たかしな・小泉孝太郎)が訪ねてくる。

だが、佐伯のオペ中、別の佐伯の患者の容体が急変。代わりに横山(岡田浩暉)が緊急手術を行うも難航。すると、そこに渡海が突然現れ、手術を行う。

29日放送の第2話では、深夜に腹部大動脈瘤(りゅう)が破裂しかけ、緊急手術が必要な患者が運ばれてくる。当直の研修医・世良(竹内涼真)は同じく当直の渡海に連絡するが、つながらず動揺。自分で手術をする決意をする。

悪徳富豪に立ち向かう破天荒な天才信用詐欺師と、大学病院の闇に挑む孤高の天才医師。ひと癖ある天才たちの戦いを見届けよう。(ザテレビジョン

長澤まさみたちが大金を巡る壮大なだまし合いを!「コンフィデンスマンJP」