近年、若年性更年期障という言葉をにすることがありますが、「もしかして自分もそうかも!」と不安になったことはありませんか? これは、3040代前半の更年期ではない女性が、くから更年期障と似たような症状が出ることをいうのだそうです。

 キッコーマン小林サイトではその原因として、ストレスや冷え、不規則な生活習慣による自経失調症、PMS月経前症群)、理なダイエットなどにあるのではないかと書かれています。その中でも気になるのが、自経失調症のこと。詳しくみていきましょう。

 医師大森啓吉さんの著書「自分で治す女性の自経失調症」(主婦と生活社刊)によると、全身症状としてはだるい、疲れやすいなど、精症状としては不安感、イライラなど、その他たくさんの症状があるそうです。

 そして、自経失調症はいくつかのタイプに分類されるのだとか。それは、生まれつき自経の調節機が乱れやすい「本態性」、自経機には異常がないのに心理的要因が強いために自経に変調をきたす「経症」、日常生活の心身のストレスによる「心身症」、慢性的なストレスによる「抑うつ」、睡眠リズムが乱れることなどによる「生活習慣性」の5つ。

 これらに心当たりがあれば、心療内科で診断してもらうのがよさそうです。他の病気ということもありますので、症状が強い場合には、めの受診が賢明ですね。

アサジョ