と言えば、大きさを気にしがちだが、このの見どころは大きさではない。木を割るようにそびえる階段状の、その岩肌を滑るように落ちるを中心に漂う々しい雰囲気こそが、このの魅なのだ。近鉄三本から徒歩15分。駐車場もなく、アクセスにはやや苦労が強いられるが、だからこそ人気も少なく、見る人を引き付けてやまないのではないだろうか。<※情報は『関西から行く! 奇跡絶景に出会う2018-19(18年4月12日発売号)』より>

■ 岩が飛び散る分岐瀑

行者の修練の場であった青葉寺のにある。落差約7mと、決して大きなではないものの、むした岩やのわきに建てられた祠と相まって、一種独特な々しい雰囲気を醸し出している。源平合戦の際に平清盛が持っていた青葉は、このあたりので作られたと伝えられる。

(フォトグラファボイス/ Aoiさん)「岩が彫刻になっていて段差が多く、流れるの形がとても素らしくて感動しました。広レンズで下からあおって撮影するのがおすすめですが、しぶきがすごいので、タオルなどでカメラをおおって撮影した方がいいですよ」

絶景DATAおすすめの時期 新のころベストタイム 太陽が柔らかい午前中。周辺の木々の色も引き立ち、より々しい雰囲気に

青葉 住所:奈良県室生三本 電話:0745-82-2457(役所商工観光課) 時間:観覧自由 休み:なし 料:観覧無料 駐車場なし アクセス近鉄三本より徒歩約15分【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー白川咲子)

近鉄三本松駅より約15分歩いた先にあるので、履きなれた靴で行こう