サントリーオランジーナブランドの新しいラインナップとして、「オランジーナ ビタースパークリング」(税抜124円)が、4月10日(火)から全国で発売される。

【写真を見る】爽やかな後味は、気分転換にもってこい

1936年にフランスで誕生して以来、長年愛され続けている「オランジーナ」。 日本では2012年に発売され、爽やかオレンジの味わいとオレンジピールエキス由来の自然な苦味で特に大人世代から支持を集めている。

今回発売する「オランジーナ ビタースパークリング」は、「オランジーナ」の技術を活用しリフレッシュにぴったりの甘さ控えめな果汁入り炭酸飲料。大人世代に向けて、仕事中にも飲めるよう無色透明の見た目に。甘さ控えめでさっぱりとした味わいに仕上げた。

気になる中身は、オランジーナで培ったピールエキスのほろ苦さによる、爽やかな後味が特徴。また、オレンジレモン果汁を3%ブレンドすることで、搾りたての柑橘のようなフレッシュな香りを実現した。心地よい炭酸の刺激が、気分をリフレッシュさせてくれそうだ。

実際に飲んでみたところ、蓋を開けた瞬間に爽やか柑橘類の香りが印象的。アロマのような心地よい香りもさることながら、ほのかに甘くしつこくない絶妙な味わいが気分転換にもってこいのドリンクだ。

飲料そのものが無色透明であるため、従来のオランジーナと比べてオフィスでも悪目立ちせず、デスクにも置きやすい。オンタイムを応援する炭酸飲料に仕上がっている。(東京ウォーカー(全国版)・モリオカユカ)

”オトナ”向けの味わい「オランジーナ ビタースパークリング」