お笑いコンビとろサーモン』の久保田かずのぶが、一部週刊誌報道に《慢の限界》だとツイッター投稿をした。

【関連】 とろサーモン・久保田かずのぶ「過去の疑惑」露呈で批判浴びる ほか

久保田投稿した内容のなかには記事へのリンクがあり、次のように書かれている。

久保田が“クズのほう”と呼ばれるワケは、テレビ上のキャラだけではないという。
「私生活でも合コンで出会った女性の容姿をラップで否定したり、ツイッターで他人になりすまして相方の悪口を言ったり。芸人仲間たちは“久保田はおかしい”と口をそろえます」(同・芸プロ関係者)
これだけ奔放なイメージを持つ彼だが、実はメンタルがかなり弱いそうで、最近も精的に追い込まれて、とある問題を起こしたという。
「ビッシリ埋まったスケジュール、そして“失敗できない”という仕事プレッシャーに押しつぶされてしまい、番組の打ち合わせを3月に入って何回か断欠席したんです。関係者は“大事な時期なのに大丈夫?”と心配しています」(テレビ局関係者)》

久保田メンタルが弱く打ち合わせをすっぽかしたという内容に対して憤慨したのだ。

 

とろサーモン・久保田かずのぶが週刊誌報道に「宣戦布告」

ネット上で支持を集めた久保田

週刊誌の記事では久保田に取材した際のやり取りも載っていて、久保田はすっぽかしを否定するコメントを残している。だが、久保田に非があるかのような記事にを立てたのだろう。久保田の怒りに対して、インターネット上では支持するといった意見が立っている。

《この記事の理やり感すごい
《記事内容、ほんと不愉快ですねー気で情報を流す週間女性にびっくりです!!》
事実根ならどんどん戦え》

また記事の内容に関しても懐疑的な見方が多い。

《何が言いたいんだ、この記事は。》
視聴者が知ったことじゃない 業界内の話なら業界内で話しててよ そんな興味ないよ?》
《ないって事務所も言ってることを本人に聞きに行ったらないって言われたってだけの記事かい》

久保田週刊女性に対してどう動くのかは、現時点では不明だ。