連続テレビ小説「半分、い。」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
第1週「生まれたい!」第4回4月7日(土)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健

6話はこんな話
鈴愛(矢崎由紗)の発案した糸電話実験に落ちてしまった高村佳偉人)。
・和子(原田知世)に怒られた翌鈴愛はようやくその話をして泰子)を驚かせる。
そこへ和子がねて来た。
「あんなかわいい顔して底知れんこわさがある」とは身構える。

ここがすてき1 チャレンジ
朝ドラヒロインは、高いところに登るか、に落ちることが多いが、「半分、い。」はヒロインの相手役・に落ち、ヒロインは彼を背負って走ることになった(スズメファイト!と連呼される劇伴つき:菅野祐悟)。これも、話題になった“主人公が胎児の頃からはじまった”ことに続く、新機軸。それでいて、女子男子を背負うという痛快な表現はしっかり女の子を応援するドラマになっている。
伝統をリスペクトしつつ、新しいことも試してみる、新作歌舞伎みたいな感じがする朝ドラである。
朝ドラの伝統といえば、「家族」も大事なモチーフのひとつ。
「半分、い。」はまず、家族をしっかり描いているところがいい。

ここがすてき2 あったかい家族
「半分、い。」ではにふたつの家族が出てくる。
80年台の岐阜町に住む、主人公の楡野と、相手役・の萩尾。ふたつは庶民と富裕層として対称的に描かれている。

6話では、萩尾で、喘息に弱いと思わせたことを和子がとがめ、鈴愛たちの前でお尻く。
電話は没収。
でも、そのあと、あったかいココア子どもたちにふるまう和子。
「本心でなくても言っていいことがいけないことがあるの」
「やっていいことといけないことがあるの」
じつに教育が行き届いている。

楡野では鈴愛とが並んで寝ながら、こわい話をして、夢の話(三本足のムーミンパパ)から、糸電話の話になって、そこから鈴愛が生まれるときの話になって(この話がふんわり連なっていく感じがリアル)、お父さん太郎賢一)も加わる。
に落ちる ワニに食べられる」
太郎うるさいぞ ワニが起きたぞ〜」
布団のなかで「に落ちる」と大騒ぎ。なんてイマジネーション豊かな一家
けじめをしっかりつける萩尾に対して、楡野は、のびのび、感謝情で育む。

ここがすてき3 エピソードが素敵に連なっている
たまごかけごはんを食べながら、「昨日に落ちた」と報告する鈴愛。“に落ちる”と“に落ちる”がリンクしていた。
「半分、い。」はいろいろなエピソードビーズ細工のようにすてきにきらきらと繋がっていく。

濡れたを送り届けた萩尾で、ブッチャー(大竹義)と菜生(西澤菜)とお絵かきして、その画才を発揮する鈴愛
彼女が描くものは、やや古い漫画キャラ。「あしたのジョー」や「マグマ大使」。
それは太郎の影だった。食堂は、営業戦略のひとつとして漫画をたくさん置いていて、鈴愛はそれをよく読んでいたという設定なのだ。
古いものをよく知っている鈴愛に「ほんとはババアなの?」と聞くブッチャー。
こういうことを言ったり言われたりした経験のある人は少なくないはず。がいると、ちょっと前のカルチャーに詳しくなるものなのだ。

子どもは親に影されるということ。鈴愛の絵の才などが、さりげなく描かれた。
電話も、鈴愛がおのなかにいたとき、太郎が、おの中に糸電話で話しかけていた思い出と繋がっていた。

ここがすてき4 子どもが見ても楽しい
5話で、カエルを避けようとして転倒してしまったおじいちゃん仙吉(中村雅俊)。
煙草をやめたにもかかわらず、煙草を買いにいって、亡くなったおばあちゃん廉子(ジュン)がカエルになって止めたのかもというような趣旨のことを、キミ先生(余美子)が言う。キミ先生もイマジネーション豊か。

朝ドラでは、亡くなった人への情表現として(だと思う)、転生させることもある(ぬか床とか)を受けた場面であろうが、この場面のあと、楡野で夢の話やおねしょの話、生まれたときの感動の話、に落ちる話などなり、こういう描写は子どもが親といっしょに見ていても楽しめるのではないかと思う。

恋愛神様北川悦吏子公式でも煽っていたし、実際、ゴールデンタイムで2、30代のための恋愛ドラマを描いて大ヒットさせてきたという実績もあるが、「半分、い。」はいまのところ、レンジを広くして、家族で見られるあったかいドラマだと感じる。

はじまって1週間見て、優れた作家は、特性や、視聴者のことをちゃんと考えたうえで、オリジナリティーを発揮し、その熱量が視聴者の気持ちを高めるものなのだと再認識させられた。

高視聴率を誇り多くの人が注する朝ドラに関しては、このような高レベル作家を常に起用し、かつ、その作家の才を最大限に生かすクオリティーコントロールに気を使ったうえで、制作してほしいと願う。
(木俣

「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK東京ニュース通信社これまで、朝ドラがはじまる前は、NHK出版のムック本のみだったが、今回は、もう一冊書籍が出た。これも広報戦略の新たな挑戦だという。NHK のムックと比べて、鈴愛としてではなく永野芽郁としての撮り下ろし写真が多いが、鈴愛のときの表情との違いが明確で、俳優としてこんなにも変化できるのだとわかるのも興味深い。