2018年4月9日(月)から東京・TBS赤坂ACTシアターにて、ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15ZEROTOPIA』が開幕した。豪華客船から必然的に生き残り、無人島にたどり着いた男女に待ち受ける運命を描いた物語。地図に載っていないこの島で、果たして彼らはユートピア(理想郷)へ向かうのか、それともディストピア(地獄郷)へと向かうのか。

初日を翌日に迎えた4月8日(日)、本作のゲネプロが公開され、その前に行われた会見では地球ゴージャスの岸谷五朗寺脇康文と、本作のW主演となる柚希礼音西川貴教、そして新田真剣佑宮澤佐江花澤香菜が登場し、今の心境を語った。

フォトセッションの最中、新田が西川の二の腕をムニムニつまんだり、両肩をポンポンと叩くなど楽しそうにちょっかいをかけ続ける。西川はいつものことです、と言わんばかりに放置。時々柚希がちらちらと振り返り様子を伺っていた。

初日を迎える心境について、岸谷は「地球ゴージャスは15年目を迎え、またこうして最新作を4か月間に渡りお届けできることが幸せです。今この時期にしかできない作品ができたと思っています。私も寺脇さんもいつも思っているんですが、最高のキャストスタッフが毎回集まってくれることを幸せに感じています。このエネルギーと感動をお客様に届けたいです。総勢35名一丸となって頑張りたいと思います」と気合いを入れていた。

岸谷の相棒・寺脇は本作のタイトルに絡め「2か月前は“ゼロ”だったところからスタートし、今、“ゼロトピア”らしい木が育ち花が咲こうとしています。その花をぜひ劇場に観にきていただきたいです」とコメント

地球ゴージャス初出演にして西川とW主演を務める柚希は「地球ゴージャスの舞台に出させていただけるのがすごく嬉しくて!初めての経験がたくさんあったので、岸谷さん、寺脇さんに教えていただいて稽古してきたことを、明日から思い切りのびのびと演じ切りたいです」と満面の笑顔。

もう一人の主演・西川が「僕も…」と話し出そうとすると、後ろから新田がまたちょっかいを出す。「今、いいことを言おうとしてるんだから」と笑いながら新田をいさめつつ話し出す。「地球ゴージャスに参加させていただくのは初めてなんですが、この物語を紡ぐためには誰一人欠くことができない、その一人に僕もなれました。今このタイミングでないとできないこの作品を4か月間お届けしていきたいです」。

新田は「15歳くらいから地球ゴージャスを知って、その時から『地球ゴージャスの舞台に出たい』と願ってきました。それが叶ってとても嬉しいです。毎回が全力投球なので、怪我なくみんなで最後までやり切りたいです」とコメント

宮澤は以前、地球ゴージャスの『クザリアーナの翼』に出演している。「まさか4年後、2度目の出演ができることになるとは思いませんでした。この、ちくーごーがじゃ(地球ゴージャス)…」と盛大に噛んでしまいメンバーから即ツッコミが!宮澤は苦笑しながら話を続ける。「この地球ゴージャスで初めて花澤香菜ちゃんとWキャストを務めさせていただきます。前回とはまったく違う役どころで喜びを皆さんにも伝えられたら、と思います」。

宮澤とともにWキャストでの出演となる花澤は、その表情からも緊張の度合いが伝わる状態で挨拶。「いまだにここにいることが夢みたいなんですけど」と話し出すと、隣にいた寺脇がやおら手を伸ばし「ぎゅー」と言いながら花澤の頬をつねる。すると花澤は「夢じゃなーい!」と声を張り上げ、そして寺脇にすがりつくように笑い崩れていた。その様子を見ていた岸谷からは「寺脇康文、絶好調です!」とツッコミが入り、寺脇も満足げ。「普段私は声優のお仕事をしていて、声にどのような思いを込めるか、声の芝居をどうやってやっていくかと考えているんですが、本当にすばらしい身体表現をしている皆さんとお仕事ができ、非常に刺激を受けています。精いっぱいがんばります」と改めて意気込みを語った。

今回集まった個性的なキャストたちに「地球ゴージャスの魅力は?」と質問が振られると真っ先に“地球ゴージャスの”寺脇が「そうですねえー」とボケ、岸谷が「寺脇康文、本日も絶好調2(ツー)です!」と合いの手のようなツッコミを入れていた。改めて地球ゴージャスの魅力について、新田は「家族」その後「お兄ちゃんお姉ちゃんに会いに行く気持ち。いや本当はそれじゃダメなんだろうけど…」と途中から失速気味に語る。その言葉に「家族、でいきなりしゃべりを止めるな」「急に尻つぼみになるな」などと、西川が都度ツッコミを入れていく。そのやり取りを「じゃれあっている」と指摘された西川は「だいたい(新田と)一緒にいます。一人見つかるともう一人も見つかります」と言い、新田と二人で笑っていた。

ブラの話を手振りつきで語る西川

ブラの話を手振りつきで語る西川

慌てて阻止する柚希

慌てて阻止する柚希

宝塚時代は男役でトップスターだった柚希の女性度が作品ごとにぐんぐん上がっていると言われ、柚希が何か答えようとすると、その横から西川が「柚希さんは稽古のときは…」と話し始め「ちょ、何をしゃべろうとしてます?何?何?」と慌てる柚希。その声をわざと聞かずに西川は「(稽古のときは)スポーツブラでやっているんですけど、本番にはすごくカップの大きなブラに…」と暴露。この発言に真っ赤になりながら「ちょっと!何言ってるんですか!やめてー!!」と西川の背中をバシバシ叩く柚希。それでも懲りずに話を続けようとする西川だった。

会見の後で行われたゲネプロの模様をお伝えしよう。

一幕では、人間の心の奥の奥に秘めていた、辛く苦しく、封印しておくしかなかった記憶が、ある者の意図で次々に暴かれていく。途中コミカルなやり取りや華やかな群舞もあるが、時に目を背け、席を立ちたくなるような場面もあり、心理的に重苦しさを感じさせる。

二幕では苦悩の記憶が何故今、掘り起こされているのかその理由が明らかとなるが、それによって思わぬ過去の縁がリンクし、さらに事態は複雑になっていく。

彼らは果たしてこの状況からどのように抜け出していくのか。一度開いてしまった心の中の「開かずの扉」を再び閉めることができるのか。岸谷が「地球ゴージャスの舞台は最新作が常に最高傑作です」と胸を張る『ZEROTOPIA』の行方を劇場でご確認いただきたい。

取材・文・撮影=こむらさき