このタイミングでの更迭劇に驚き 「解任決定に2試合の親善試合での失望しか…」

 日本サッカー協会JFA)は9日に記者会見を開き、7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督を解任したことを明らかにしたが、イタリア「ガゼッタ・デロ・スポルト」もロシアワールドカップW杯)が間近に迫るこのタイミングでの更迭劇を、「日本ハリルホジッチを放り出す」と驚きを持って報じている。

 同ハリルホジッチ氏の解任について、「ロシアワールドカップ2018で最初の解任劇であり、大会キックオフホイッスルが鳴るまで2カしかない。ハリルホジッチは、4年前に世界中の新聞で一面を独占した男だ。1次リーグで(ファビオ・)カペッロロシアを敗退に追い込みベスト16までアルジェリアを導いてワールドカップを優勝することになるドイツとギリギリの勝負を演じた」と紹介した。

 そしてJFAについて「耐がない」と断じた。

日本サッカー協会耐を持ち合わせなかった。解任を決めるのに、2試合の親善試合での失望しか必要としなかった」

 JFA田嶋幸三会長は、3月マリ戦、ウクライナ戦の結果(1分1敗)のみが決定要因ではないと話したが、少なくとも際的には、日本W杯本大会出場に導いた監督を、親善試合2試合の結果で解任するであると映っているようだ。

 こうしてく間のうちに世界中へと広まっていく電撃解任のニュースは、W杯終了後に外国人監督を招聘するとなった際には、弊となる可性すら秘めている。(Football ZONE web編集部)

日本代表監督を解任となったハリルホジッチ氏【写真:田口有史】